「人付き合いが苦手」と悩むことから卒業!ストレスがなくなるコツ
人間関係

「人付き合いが苦手」と悩むことから卒業!ストレスがなくなるコツ

オーサー

人と会うといつも緊張して上手く話せなかったり、相手の表情や考えていることを気にしすぎて、「こう言わなければ良かったな…」「なんであんな風に話してしまったんだろう…」と人と会った後1人反省会をして落ち込んでしまったりする時、

私はなんでこうも人付き合いが苦手なんだろう…

と悩んでしまうことってありますよね。

生きていれば必ず誰かと関わっていくものです。でもそんな人との関わりが苦手だと、知らず知らずの内にどんどんストレスが溜まっていってしまっている方もいるのではないでしょうか。

私も人付き合いが苦手でした。上手く人に伝えられなかったり、相手の様子を伺ってばかりで人と良い関係性を築いていくことに苦手意識を持っていたのです。

実を言うと、今でも人付き合いは得意ではありません。でも、人付き合いにおいての自分の考え方を変えていくことで、今では人間関係で悩むことがグッと減りました。

人付き合いは苦手なままでも、そのストレスを軽くすること、そして他の人と良好な関係性を築いていくことはできるのです!

そこで今回は、人付き合いが苦手な人との特徴と、人間関係におけるストレスがなくなり、人と楽しく付き合っていけるコツについてお伝えしていきます。

人付き合いが苦手と悩むことからもう卒業したい!人と良い関係性を築いていきたい!という方、ぜひ読んでみてくださいね。

人付き合いが苦手な人の特徴

悩んでいる人

初めに、人付き合いが苦手な人の特徴についてみていきましょう。こういう特徴を自分は持っているから苦手なんだな〜と理解することで少し気持ちが軽くなっていきますよ。

気を遣いすぎて疲れてしまう

相手が嫌な気持ちにならないように、といつも気を遣いすぎて疲れてしまう人は、人付き合いが苦手だと感じてしまいがちです

人といる時はずっと気を遣ってしまうため、別れた後にドッと疲れてしまい、どんどんストレスになっていくのです。

Yumi
Yumi

気を遣いすぎると、疲れてしまいますよね…自分が疲れてしまうほど気を遣わなくても大丈夫な関係性を作っていけたら良いですね!

ネガティブ思考で自分に自信を持てない

何事にもネガティブに考えてしまうと、自分自身にも自信を持てなくなってしまいます

自信がないと、素の自分を出したら嫌われてしまうのではないかと感じてしまったり、自分の本音を周りの人に伝えることができなくなってしまいます。

すると、本音で話せる人が周りにあまりいない状態になってしまうため、ストレスが溜まってしまい、人付き合いが苦手になっていくのです

自分に自信を持てるようになりたいという方はこちらの記事もオススメです。

人が考えていることを気にしすぎる

目の前にいる人が、今本当は何を思って何を考えているのかを、表情や目線を通して考えて、気にしすぎてしまう人も、人と関わるのが苦手になってしまいがちです

人と別れた後も、

◯◯さん、あの時こんな表情していたな。あんな風に言わなければ良かった…
なんで私はこうも上手く伝えられないんだろう…

と反省してしまい、「自分は人付き合いが苦手だ…」と思うようになっていきます。

Yumi
Yumi

私も超気にしいで、人と別れた後は自分の言動を振り返って反省してばかりだったので、人と会った後に疲れてしまうことがよくありました。

傷つきたくなくて人を避けてしまう

誰だって好んで傷つきたくはないですよね。でも、深く人と付き合っていけば、何かのきっかけで衝突したり、溝を埋められなくて相手との付き合いが無くなっていってしまうこともあります。

そんな時、とても傷ついてしまうので、傷つくくらいだったら人と深く関わらない方が良いと、人付き合いを避けてしまったり、自分の本音を打ち明けることなくただその場しのぎの付き合いだけをしてしまいます

人と付き合うこと自体がストレスになってしまうため、苦手だと感じてしまいやすくなります。

【人付き合いが苦手な人の特徴】
・人に気を遣いすぎて疲れてしまう
・ネガティブ思考で自分に自信を持てない
・人が考えていることを気にしすぎる
・傷つきたくなくて人を避けてしまう

直感と感覚の人

Yumi

Yumi

中学生の時に不登校になったことをきっかけに「どうしたらもっと人生をラクに、楽しく生きられるようになるんだろう?」ということを探求するようになる。 「しんどかった日々をいかしきれば楽しい!」と日々自分の直感と感覚を信頼しながら、思いっきり人生を生きていくためにやりたいことに挑戦中です♪

この人が書いた記事をもっと読む
ALIVE! 人生を楽しむためのポータルメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました