【人生で悩んでる人は見て】明日からの人生にワクワクが増える七色未来の構築術!

時代が大きく変わり、世の中もガラリと変わっていますが、このような状況で日々を過ごしていると

「うまくいかないことが多い」
「毎日が楽しくない」
「イライラしたり悩むことが多い」

と頭を抱えたり不安に感じることも多くなりますよね。

そうはいっても、できれば楽しいことがどんどん起きて欲しいし、好きなことや面白いことで毎日をいっぱいにして、ワクワクする人生にしたい。

僕も不安いっぱいの日を過ごしていた時期がありますし、人生がつまらないと思ったこともあるけど、

今では気持ちに余裕をもちながら、休みの日だけじゃなく、仕事の時間や移動の時間さえも楽しく過ごせている今日この頃です。

実際、これまで40年ほど生きてきましたが、大手企業に勤めていたサラリーマン時代も、起業して個人事業主として独立した時も、会社を経営するようになってからも、圧倒的に楽しいことや面白いことが多い人生を過ごせています。

kuni

年を重ねるにつれて、ワクワク人生の勢いは増してます

色々な出会いや選択、行動やきっかけで七色未来の人生に至っているのですが、「不安だらけの人生」から「ワクワク人生」になれたのはなぜか?を僕なりにまとめてみました。

今の人生に悩んでいたり、何かを変えるきっかけを探しているのであれば、これから先の話が何かの参考になるかも。

ぜひ、楽しみながら読んでみてください。

人生10年時代を生き抜くための人生デザイン講座

人生が楽しくないけど、これからどうする?

「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」という本をご存知でしょうか。

読者が選ぶビジネス書グランプリで総合グランプリを受賞し、数々のメディアでも取り上げられた名著。

おおまかに言うと、

「人生が100年時代に突入するけど、その準備はできてる?」

といった内容の本です。

今でこそ80才90才の方は当たり前にみかけますが、明治・大正時代の平均寿命は、なんと44才。そして昭和50年頃で約70才、平成で80才とどんどん伸びて、2007年生まれの50%は、なんと107才まで生きるんだそう。

kuni

ちなみに、僕のおばあちゃんも100才超えてますw

人生100年だとしたら、僕たちの人生はまだまだ無限の可能性があって、逆に言えば、どう過ごすかによって、これからの人生が楽しくもなればつまらなくもなるわけです。

仮に今が楽しくなくても、人生100年ならまだまだこれから。いくらでも楽しくなる可能性を秘めてます。

kuni

どうせなら、悩みが尽きない人生より、楽しいこといっぱいの人生のほうがいいですよね

今はすごいスピードで世の中が変わっていて、「頑張ればうまくいく」という時代ではないですよね。がむしゃらに頑張っているだけではうまくいかないこともあります。

時代が変わればルールが変わり、人生の楽しみ方も変わる

時代に合わせて「生き方」や「働き方」を変えつつ、「楽しい人生」や「ワクワク人生」にシフトしていく必要があるんですね。

そのあたりについて、これから深掘りしていきます。

楽しくない!「ワクワク」もない!それってなんで?

そもそも、なんで僕らの人生から「ワクワク」がなくなっているんでしょうか。

僕たちの時間には限りがありますよね。1日24時間。1週間で168時間。

これは全員共通で、どんなにお金持ちでもどんなに貧乏でも、時間はおんなじ。

ということは、時間の使い方次第で僕たちの人生が変わるわけですが、不安を感じる時間が多いと、辛くなったり人生がつまらなくなったりします。

kuni

逆に、楽しい時間が増えて「不安の時間」を減らせば、人生が楽しい方向に変わります

不安や悩みに時間を使うのか、ワクワクや楽しむことに時間を使うのか。その差が人生の楽しさを分けているんですね。

ただ、実際のところ、どうしても不安や悩む時間が増えてしまうもの。そして、なぜかワクワクの時間が減っているんです。

いつの間にかワクワクがなくなっていた。。。

では、子どもの頃はどうだったかと言えば、楽しくてワクワクする時間が圧倒的に多かったのではないでしょうか。

たとえば、

・自転車でちょっと遠くに行くだけでまるで冒険に行くような気持ちになったり
・草むらに秘密基地を作ってお宝を隠してみたり
・遠足のお菓子を買いに行くのがまるで一大イベントのように楽しくてしょうがなかったり

出会うもの、起こることすべてにワクワクしていたのを覚えています。

体力がつきるまで走り回って、ギリギリまで起きて倒れるように寝る。

kuni

なんならご飯食べながら寝てましたねw

それが、年を重ねるにつれて、いつの間にかなくなっているんです。

では、なぜ楽しむ時間が減り、悩む時間が多くなってしまうのか。そして、僕らからワクワクを奪っている元凶はなにか。

その理由は様々ですが、特に大きな元凶はこの5つ。

1:これまでの「当たり前」に縛られている

僕たちはこれまでの人生の中で

「安定した職につけ」
「安定した生活をしろ」

と何度も言われて育ってきました。

安定といえば聞こえはいいけど、逆に言うと、変化がないってことなんです。変化がなければワクワクなんてしません。

同じ時間に同じ電車に乗り、同じ仕事をして同じ時間に帰宅して同じ食事をする。
休みの日も毎週同じルーティンの繰り返し。合う人も同じ。

つまり、毎日が同じ。昨日も今日も明日も同じ。

これってめちゃくちゃ「安定」ですけど、それってどうですか?
「こんな人生にしたい!」という理想の人生かと言われると、Yesとは答えにくいですよね。

僕は小学3年生ぐらいの時に「人生つまらない」と感じていたんですけど、その時はまさにこれ。毎日が同じ生活で、家でゴロゴロしてるだけ。

何も変化がなくて、この時期は本当につまらない過ごし方をしちゃっていたな、と今でも思います。

kuni

何も得るものがない、もったいない過ごし方をしてました

安定している時期はあっていいし大切だけど、「それがずっと続くけどいい?」と言われると、考えちゃいますよね。

今は、安定を続けていると置いていかれる時代です。変化についていけません。

でも、「安定が正しい」と僕たちは言われて育ってきているので、無意識に安定を求めてしまいがち。それが、ワクワクが起きずに楽しみが生まれない理由の1つでもあります。

今までの「当たり前」を変える必要があるんですね。

2:色んな心のブレーキがかかりまくっている

じゃあ、これまでやったことのない、新しいものに挑戦すれば、自然とワクワクしてくるわけですが、実はこれが簡単にはいきません。なぜなら、僕らの心の中に存在する「あるもの」が邪魔をするから。

僕らにはホメオスタシス(整体恒常性)というものがあります。

簡単に言うと、一定の状態を保ち続けようとするもので、変化を嫌います。何か違うことをしようとすると、引き戻そうとするんですね。

これってアクセルとブレーキを同時に踏んでいる状態で、車でも自転車でもそうですけど、ブレーキを踏んでいると、アクセルをどんだけ踏んでも1mmも動かないんですね。

このブレーキというのがやっかいなことに、無意識なんです。行動のブレーキもあれば、お金のブレーキもあって、僕らには色んなブレーキがかけられてます。

その無意識のブレーキをひとつひとつ外していくことで、今までよりも自由に動けるようになっていきます。

また、このブレーキが強い状態だと、自分自身の可能性に制限をかけてしまうだけでなく、他の人の夢を邪魔してしまうこともあるんです。

kuni

これはドリームキラーと呼ばれてます

友達:「こんなことやりたんだけど!」
あなた:「いいと思うよ。でも、、、やめておいたほうがいいんじゃないかな」

と自分でも無意識に他の人の可能性を潰してしまうかもしれないんです。

そんなの嫌ですよね。できれば自分も含めて周りの人も楽しく幸せになって欲しいですから。

3:情報が多すぎて動けない。しかも不安を煽られる

今はものすごい量の情報がとびかっています。ネットが普及したメリットですが、実はこれってデメリットでもあります。

情報が多いため、何が正しいのかわからなくなってしまうんです。

基本的に、人は悪いニュースに惹かれます。良いニュースよりも悪い情報が気になるので、結果的に不安になるような情報ばかりを見てしまい、情報に振り回される。すると、行動するのが怖くなってしまう。

kuni

楽しそうなことをやろうとしても、ストップがかかってしまうんです

また、悪いニュースばかり見ていれば、当然気持ちも沈みます。カナダのある研究チームによると、

SNSやTVの利用増加に伴って、うつ病の兆候も増えている

と報告しています。そんな状態では何かを楽しもうという気持が起きないですよね。

それだけじゃありません。たとえば、右と左どっちが正しいかを調べた時に、右が正しいという情報もあれば、左が正しいという情報もあります。結局どっちだよ、みたいな。

その結果、何も選べなくなり、行動にブレーキがかかって動けなくなります。SNS時代ならではですね。

だからこそ、情報に振り回されないようにする必要があります。情報の断捨離ですね。

kuni

ちなみに、僕は意図的にSNSを見ない時期を作って情報を遮断するようにしてますが、これけっこうおすすめです^^

4:忙しすぎて心と時間の余裕がない

忙しすぎると、時間にも心にも余裕がなくなります。
その状態では、楽しいことに時間を使えないですし、ワクワクを増やすこともできません。

こういった場合に有効なのは、1日のなかに「楽しむ時間」をスケジュールにいれちゃうこと。

たとえば、

・気になる本を買って1日10ページ読んでみる(新しい知識をいれる)
・次の休みの予定を考える(できれば新しく何かにチャレンジするものを考える)
・好きなコーヒーを飲む(好きなもので心に余裕を生む)

など、長時間をとる必要はなくて、5分でも10分でもいいです。すぐに始められそうなもので「楽しむ時間」を予定にいれておくのがコツです。

ちなみに、仕事が楽しいと感じている人の場合は、それはそれで充実しているので、忙しくても楽しかったりします。

僕は会社にいた頃、家に着くのが朝の4時とかは普通で、とんでもなく忙しく働いてましたが、仕事は楽しかったし、一緒に働いている人たちとも楽しく過ごしていたので、苦にはなりませんでした。

ただ、現状の仕事に楽しさを感じていない場合、これはかなりきついです。

なので、やりたいことや好きなこと、趣味の時間を意図的に増やすのがおすすめです。

kuni

関係ないですけど、会社にいた頃は自分で自分を忙しくする癖がありました。悪い例ですw

5:他人の期待に応えようと自分を抑え込んでいる

これは真面目な人に多いかもしれませんが、誰かの期待に応えようとしすぎると、行動が制限されます。

たとえば、親の期待に応える。上司の期待に応える、なんてのもあると思います。

他人の期待に応えるというのは、悪いことではないですが、それが強すぎると義務感で行動します。その結果、自分で判断できなくなり、「自分は何がしたいのか」が見えなくなるんです。

以前、ある経営者の方にインタビューした際に、

「やりたいことがない人なんていない。ただ、忘れているだけ」

と言っていたのですが、確かに僕はそうでした。

というのも、「やりたいことはなに?」と聞かれて返答に困っていた時期があって、それは今思えば自分を抑えて生きていたんだなと。

「わがまま言わなくて偉いね」と育てられてきたので、親の期待に応えようとして

・欲しいものがあっても欲しいと言わない
・我慢する

が習慣になってしまってたんです。

その結果、自分を出せなくなる。
やりたいことを無意識に制御してしまう。

でも、それでは他人の人生を生きているようなものですよね。

あなたの人生はあなたのもので、主役もあなた。「自分の人生を生きる」という決意が必要です。

kuni

ちなみに今はやりたいことだらけですw

明日からの人生にワクワクを増やすには、、、

では、どうしたら人生にワクワクが増え、そして不安よりも楽しさを感じる人生になるのか?

僕が色々とやってみたなかで、特におすすめなものを5つご紹介します。

1:これまでの当たり前を捨てる

これまでの「当たり前」を捨てましょう。常識だったものを疑い、非常識だったものに取り組んでみる。働き方も今は1つじゃありません。

僕は30才で起業して個人事業主を経て、現在は会社を経営していまして、今でこそ起業はしやすい環境ですが、十数年前は、起業している人なんてごくわずかで、なんならちょっとした笑い者でした。「起業するとか言ってるよw」みたいな。

kuni

それもあって、起業することを周りになかなか言えませんでしたね

でも、今は起業する人も多く、副業が会社からも認められる時代になり、ネットを使って簡単に副業が始められます。これまで常識だった働き方が変わっています。

生き方も同じ。「がんばればうまくいく」時代ではないし、待っているだけでは「楽しい」はやってきません。その代わり、自分次第でいくらでも楽しむことはできます。

これまで当たり前だった生き方や働き方を変える。そのために、これまで常識だと思っていたことを疑ってみる。そして、これまで選ばなかったほうを選択してみる。このあたりは、次でもう少し深掘りします。

2:選択するものを変える

これまでやってこなかったもの、または興味はあったけどまだ取り組んでいなかったもの、これまで選択しなかったものにチャレンジしていきましょう。それも、積極的に。

新しいものにチャレンジするということは、未知の経験をするということ。そこには新しい世界があります。

たとえば、

・やったことのないものを体験してみる
・時間の使い方を変える
・会う人を変える
・読んだことのない本を読んでみる
・住む場所を変える(環境を変える)
・働き方を変える(まずは副業を始めてみる)
・新しい知識や技術をインプットする

などなど。始めやすいものからでいいので、まずは興味のあるものから積極的に触れていきましょう。これまでと選択するものを変えるということです。

その時間が多ければ多いほど、人生の楽しさやワクワクが倍増します。

kuni

これ、間違いないです

僕の場合の話をすると、たとえば、やむを得ず外出する機会が減り、家で過ごす時間が多くなったとき。外出できなくなるというのは、なかなか辛いものです。

その時にやっていたのが、

・部屋の仕事スペースを充実させた
(デスクの位置を変えるだけで大きく変わる)
・人と会わずに楽しめる趣味を始めてみた(キャンプ)
・プロジェクターを買って、家で映画を観る時間をワンランクあげる
・移動の交通費が浮いたので、その分を好きなコーヒーにあてて、全国の美味しそうなコーヒーを取り寄せて毎日飲みくらべ。
(毎日のコーヒータイムが待ち遠しい)
・小さな畑を借りて有機栽培の野菜を育てて野菜の美味しさに感動

などなど。他にもありますが、色んな新しいものに取り組んで、楽しむ時間を増やしていました。小さなことでいいんです。

時代の変化に合わせて新しいものにチャレンジしてみた結果、本当に様々なものを得ることができます。

取り組みやすいものからでいいので、ぜひこれまで選択してこなかった新しい何かを、今日から始めてみましょう。

3:かかりまくっている心のブレーキを外す

先ほどの話で、心のブレーキは外したほうがいい、という話しがありました。そうはいっても、簡単にはできないですよね。「だから困ってるんだよ」というお叱りの声もとんできそうです。

そこで、めちゃ簡単な方法を紹介します。

kuni

僕も壁にぶちあたったとき、実際に乗り越えてきた方法です

それは、

「自分が壁だと思っていることをカンタンにやってのける人といつも関わるようにする」

という方法です。

たとえば、起業したいとします。その時に、起業をしたことのない人たちといると

「起業は危ないからやめておいたほうがいい」

と止められます。

そうではなく、すでに起業してうまくいってる人に会って話を聞くと

「絶対やったほうがいい」
「てか、いますぐ始めなよ」

などと言われます。

面白いことに、会う人によって言われることが180度変わるんですよ。

今まで自分が壁だと思っていたことが、実は壁でも何でもないことに気付き、自然とブレーキが外れて行動できるようになってしまうんですね。

だって、同じ人間なんですから、身近な人ができたなら自分にもできるかもって思いますよねw
だから、すでに壁を乗り越えてる人との時間を増やすことがとっても大切。

kuni

悩んでいたのが馬鹿らしくなったりしますよ

これ、即効性があって、行動しすぎちゃうかもしれないので注意してください。

4:ワクワクで人生を埋め尽くす

生きていれば、悩みや不安はつきものです。ただ、そこに時間を費やしてしまうと、人生がつらくなります。

なので、不安がはいってこないくらいに、楽しいことで毎日を埋め尽くしましょう。

先ほどの「新しいものとの出会いを増やす」に加えて、たとえば、

・やりたいことを書き出して、それを1枚のボードにする
・行きたい場所の画像をプリントして壁に貼りまくる
・飾り棚やスペースを用意して、好きなものをいつでも眺められる場所をつくる

などなど、日常にワクワクを感じられるよう、取り入れるのはホントにおすすめです。

kuni

僕はキャンプにはまっているので、家中にキャンプグッズを飾っていますw

悩む時間より楽しむ時間を増やして、ワクワクで毎日を埋め尽くしましょう。

5:やることではなく「やらないこと」を決める

これもおすすめで、やることじゃなく、「やらないことを決める」。
やらないことを決めると、逆にやることが明確になります。

同じように、嫌いなこと、苦手なこと、やりたくないことを洗い出してみると、自分の得意なものや好きなもの、楽しいことが見えてくることがあります。

自分のことって、意外と自分では理解できていないもの。

自分を見つめ直す意味でも、「やらないことを決める」という時間は取ってみて損はないです。

人生を楽しんでいる人と楽しんでない人「決定的な違い」

さて、ここまで色々と話してきましたが、これまでに色んな人に会ったり成功者たちにインタビューをしてきて、人生を楽しんでいる人と楽しんでいない人で「決定的な違い」があることに気づいたので、最後にシェアします。

それは、

時代に合わせて「生き方や働き方を変えている」

こと。

楽しんでいない人は、時代が変わっても今の状態をなんとか維持しようとします。色々な理由をつけながら。

でも、時代が変わるとルールが変わります。前は良いと言っていたことが今ではダメだったり、逆に、前はダメだったことが今では良くなっていたり。

その点、人生を楽しんでいる人は、時代の変化に合わせるのがとっても上手です。

時代が変わってもそれに合わせて人生をデザインできちゃうんです。だから、その時に合わせた楽しみ方もできます。

kuni

うまくいってる人たちって、みんなとぼけた顔してるんですけど、裏ではめちゃ考えてます

同じように、時代の変化に合わせて生き方や働き方、人生を良い方向に変えていくのであれば、積極的に新しいものに触れ、そして人生の経験値を増やしていきましょう。自然と人生が楽しくなっちゃいますよ。

ちなみにですが、僕がサラリーマン時代の安定生活から今の生活に変わった最初の1歩は、自己投資を始めたことです。

自己投資というと難しく聞こえるけど、本を読むのも自己投資。

それまで自分を成長させるようなビジネス本など1冊も読んでいなかったけど、1冊読み、2冊読み、そして興味をもった学びの場に参加したりして、すごいスピードで変化していきました。

今でも学ぶ時間は欠かしていませんが、学びに時間を使うことは、人生を楽しむ意味でも本当におすすめです。

ヘコむ人生にさようなら。ワクワク人生こんにちは。

さて、それではおさらいをしてみましょう。

悩みや不安の時間を増やし、そして僕らの人生から楽しみやワクワクを奪っている主な元凶は、

1:社会や教育により安定を重視することを強制されている(ある種の洗脳に近い)
2:色んな心のブレーキがかかりまくっている
3:情報が多すぎて何が正しいのかわからない。不安にさせる情報が多くて怖くなる。
4:忙しすぎて心と時間の余裕がない
5:他人の期待に応えようと自分を抑え込んでいる(自分を人生の主役にしていない)

この5つ。改めてこの5つを見ると、ほとんどの原因は無意識なものなんです。

だから自分でもよくわからず悩んでしまうことが多くなる。けど、それは今日で終わりにしましょう。

そして、明日からの人生にワクワクを増やし、不安よりも楽しさを感じる七色未来に変える方法として、おすすめできるのが次の5つ。

1:これまでの当たり前を捨て、今の生き方や働き方を疑ってみる
2:すでにうまくいってる人との時間を増やし、心のブレーキを外す
3:これまで選択してこなかったものをどんどん経験してみる
(これだけで自然と楽しくなる)
4:毎日にワクワクや楽しいことを取り入れて埋め尽くす
5:やることではなく「やらないこと」を決める

これらはホントにおすすめです。

そして、これから何より大切になってくるのが、時代に合わせて「生き方や働き方を変えられる」こと。

人生を自由に楽しんでいる人は、例外なく、時代に合わせて変化しています。

世の中は日々変わっていくので、僕らもその流れに合わせて日々変化を続けていきたいですね。

とは言うものの、

「変えるって何から始めればいいの?」「正解が見えない」

と不安に感じるかもしれません。

そこで、これまでの当たり前を捨て、不安定な時代を自由にオモシロく生きるための最初の一歩として、明日からの人生をデザインする動画講座を僕たちからプレゼントさせていただきます。

これからは自分の力で生きることが求められる時代で、自分自身で人生をデザインすることがとっても大切。

そのためのポイント、そして自由に生きるための「3つの資産」を育てる方法をお伝えするオンライン講座です。

ぜひ、このあとすぐにご覧になってみてください。何かが変わり始めますよ。

これからの100年時代を楽しむために、明日からの人生を一緒にワクワクに変えていきましょう!

この記事を書いた人

サラリーマン → 個人事業主 → 会社経営 と、様々な立場や環境を経験してきました。どうやったら自由で楽しい働き方ができるかを追求した結果、色んなことに詳しくなり、一級建築士なのにメルマガやブログ、ディレクション、マネジメントが得意になってしまいました。そんなわけで、今はパシリとして活動中。

90才になってもめちゃ元気なおじいちゃんを目指し、体のメンテナンスに熱中。BBQやキャンプ、フェスなどのアウトドアが大好き。

株式会社いないいないばぁ創業者。

kuniをフォローする
タイトルとURLをコピーしました