合わない人と感じたら試してほしい。人付き合いがもっと楽になる対処法

合わない人と感じたら試してほしい。人付き合いがもっと楽になる対処法

ライター:いくえ

人付き合いをしていく中で「あの人なんか苦手」「出来れば関わりたくないなぁ~」と感じてしまう、なんだか合わない人っていますよね。

できれば誰とでも仲良くしていきたいし、「仕事などを進める上で、必要以上の気を使わなくて良い人だけと付き合えたらどんなに楽なのに!」と願って、できるだけ皆と仲良くしようと考えているのは私だけではないはずです。

でも、「苦手な人とか合わない人っている?」と聞かれると、残念ながら「何だか合わないんだよね」、「あの人と出来れば一緒にいたくないな」と感じてしまう友人や職場の人が思い浮かんでいませんか。

状況によっては付き合いをやめるわけにもいかないし、苦手なままモヤモヤした気持ちでずっと交流があるのも、できれば避けたいですよね。

実は最近、「合わない人だな・・・」と思ってしまう人と仕事をする機会があり、それを期に「どうしたら合わない人とでも上手く仕事をしていけるのか」など、どうやったらストレスなく一緒にいられるのか、を考えてみると対応方法や考え方次第では、「そんなに人間関係のストレスとか気にならなくなったし、むしろ色々気付かせてくれてありがとう!」と感じることができました。

そこで今回は、私の経験と周りの人付き合いが上手な人の対応方法を盗ませていただいた内容と、「この人とは何だか合わないなぁ~」と感じてしまう人との上手な付き合い方をまとめさせて頂いたのでシェアします。

気持ち次第で、合わない人への苦手意識を軽減させることもできますよ。

合わない人ってどんな人?

考える

合わない人ってどんな人?

「この人とやりにくいな」「気が合わないな」と感じる人っていますよね。合わない人とはどんな人か、一般的に「合わない人」とは

・性格が合わない
・意見が合わない
・趣味が合わない
・考えが合わない

など気持ちの部分が大きくて、一緒に居続けるのが困難な人という定義です。

ただ、合わない人と感じてしまうのは自分と相手の状況だったりタイミングもあります。

例えば、昔合わないなぁ・・・と感じていても、久しぶりに趣味の会などで話してみると「あっ、意外に一緒に居ても楽しいかも」と感じたことってありませんか。それは、

・時間のタイミングが変わった
・出逢う場所が変わった
・出逢うコミュニティーが変わった

が要因で、「気が合わない人」から「気が合う人」に関係が変化することもあります。

合わない人は、その時の気持ちが大きくて、タイミングが違うとその感じ方が変わることもある

誰にでも合わない人はいる

「あの人苦手なんだよね」「何だか合わないなぁ~」と言う人と出会うことってありますよね。

時にイライラしてしまうこともあったり、何でうまく付き合えないんだろう、もしかして私だけかな・・・とか、誰とでもうまく対応できることを目指して自分を苦しめていないでしょうか。

たくさんの方と仲良くさせて頂いていますが、その中には「どれだけたくさんの友達がいるんですか??」と言う人もいます。

その人どうやって人と付き合っているのか、合わない人がいないのか不思議に思って聞いたことがありました。

ikue
ikue

そんなにたくさんの人と仲良くしていると、苦手な人とか合わない人っていますか

いるよ

でも、それっていけないこと?付き合い方を考えればいいんじゃない

と言われ、合わない人がいることをどこかで悪いことと考えていましたが、合わない人がいても悪いことではなくて、そこからどう関係を築いていくかを考えることに注目すると、気持ちが軽くなりました。

周りの交友関係が広い人にも聞いてみると、全員「合わない人」と感じる人はいることも分かりました。

もし、あなたも心のどこかで「合わない人がいるのがいけないこと」と思っていたら、「合わない人がいても良いんだ」とまず認めてみてください。

大事なのはその後どう付き合っていくかですよ。

合わない人との出会いはたくさんの気付きがある

閃き

合わないと思った時の出来事と学び

最近仕事先で、久しぶりに「この人合わない!!」と感じてしまったA子さんがいました。最初はイライラしてしまいましたが、少し落ち着いて考えると「これは、これからどうやって合わない人と付き合うか考えるチャンスでは!?」と考えるキッカケになったのでシェアさせて頂きます。

数人のメンバーがペアを組んである仕事を対応をしていた時、メンバー内で誰とペアを組むか問題が起き、たまたま私が経験者だったのでA子さんから相談を受けました。

友人
A子

私と一緒に仕事をしているあの人、仕事が遅いんですよね。ストレスが溜まってしまって・・・、担当ペア変えてもらえませんか

ikue
ikue

(えーーーっ。それって自分中心の理由じゃない!?仕事なんだから個人の感情でペア変えたいとかどうなの???ちょっとその発言はどうかと思うな~~~。でも、そんなこと言えないし・・・)

ikue
ikue

でも、ペアが決まっていて、対応する仕事なので・・・このまま続けるの難しいですか?

友人
A子

ん~~・・・

結局仕事のペアを変えることで、その時の仕事は無事終わりました。そして最後にA子さんは

友人
A子

今日は凄く楽しく仕事ができました

と言って明るく帰って行かれました。

ikue
ikue

(うん、良かった!A子さんも他のメンバーも楽しそうに仕事していたし、私も別に問題なく仕事を終えることが出来た、これでいいはず)

ikue
ikue

(でも、なんかモヤモヤした感情が残るな~何でだろう?)

誰かとの付き合いで、「え~何でそんなこと言うの?」「損な役回りがいつも回ってくる・・・」「この人とはもう仕事したくない!」と感じてしまうような経験は誰も一度はあるのではないでしょうか。

「もうあの人と関わりたくない!」とか「友達に愚痴を聞いてもらおう」という方法もありますが、これではまた同じことが起きた時に同じように人との関係を終わらせるか、グチを言うかでしかストレス発散できず、問題が解決できません。

人付き合いでモヤモヤしたり、合わない人と感じたら、なぜそう感じたか見直すチャンス

何で合わないかを考えることが第一歩

仕事が終わった後、自分の感情と向き合ってみました。

ikue
ikue

合わない人と思っている人の事をずっと考えているは時間がもったいないし、そんな自分はイヤだな

ikue
ikue

どうしたらモヤモヤせずに人間関係が構築できるのかな?

と思い、どうしてこんな気持ちになったのか・どうしたらいいのかを紙に書きながら考えてみました。

頭で考えていると違う問題と結び付けたり他の事を考えてしまったりするので実際に文字に起こしてみると頭が整理されますよ。

なぜかが見えてくると、原因を踏まえたうえで、状況を回避する方法だったり、相手とのどう距離を保って付き合えばいいかなどの今後どう行動をするかを考えてみると、根本的な対応が策が見えてきて、自分がどう行動していくかも分かってきます。

「合わない人だな・・・」と感じた人に出会ったら、会ったことをアンラッキーだったと考えるのではなく、どうしたらいいかを考えると、今後同じことが起きないか発見することができるし、自分の行動を見直す事もできるキッカケになります。

では、次に自分の気持ちをどうしていけばいいか、自分の考え方を見直す方法を考えていきましょう。

人間関係を良くするために自分を変えてみる

変える
もし、あなたが私のようにA子さんのように「合わない人だな・・・」と感じてしまうような人と出逢った場合、「もっと、○○してくれたらいいのに」と相手への変化を求めていないでしょうか。

相手が変わるのを待つより、自分が変わった方が早いですし、今後同じような状況になった時に対応することも可能になります。

そこで、ここでは自分のマインド(考え方)と行動を変える方法を紹介していきます。

ステップ1:感情的になっていないか

合わない人と一緒に居てイヤな思いをしてしまった時に感情的になっていませんか。

・イライラした
・イヤな思いをした
・ムカつく
・もう関わりたくない

など、マイナスな感情になって誰かにグチを言ってしまえば楽ですが、もし同じことが起きた時になんの解決にもなりませんよね。

そんな時は、

・なんで相手にイライラしたのか

・何が原因でイヤな思いをしたと感じたのか

・何にムカムカしたのか

・なぜ関わりたくないと思ったのか

を考えてみてくださいね。紙に書き出してみると視覚化できるし、誰が見ている分けでもないので、普段言えないようなことを書けてストレス発散にもなりますよ。

言葉として自分の中に落とし込めるとGOODです。

それが分かると、自分の怒りポイントやものごとに対する考えが見えるので、まず自分の合わない人と感じるポイントを知ることができます。

ステップ2:自分の線引き基準をつくる

自分の怒りポイントや、何で合わない人と感じたのかが分かったら、今後どういう人と付き合っていきたいか、どういう人間関係を作っていきたいかを考えてみてください。

もしかしたら「できたらみんなとお互いにいい関係を築きたい」と考えていませんか。それができたら一番良いですが、100人中100人が「良い人」「好き」と相思相愛になるのはかなり難しいですよね。

オススメの方法は、「どんな人と一緒にいたいか」「どんな人とは一緒にいたくないか」「どう行動するか」を決める方法です。

自分の中にある程度の基準があると、人付き合いを楽しくすることができますよ。

例えば

【一緒にいたくない人】
・マイナスの発言が多い人
・人の悪口ばかり言う人
・自分の事だけを考える人
【一緒にいたい人】
・ポジティブな考えになる人
・人の良いところを見れる人
・自分の良いところも悪いところもちゃんと言ってくれる人
【合わない人と感じたら】
・少し距離を空ける
・しばらく会わない時間をつくる
・関わりを少なくできるようにする

など

必ずしもこれが当てはまるわけではなくても、自分の基準をつくることで、「今のこの人はちょっと苦手な状況だから、少し距離をあけておこうかな」など自分で考えることができます

ステップ3:自分が変わる

どういう人間関係を築きたいのか、が見えてきたら今度は「自分はどうなりたいのか」を考えてみてくださいね。

意外に相手に「こうなってほしい」という気持ちはあっても、自分はどうありたいかを見落としてしまっている人は多いです。

例えば

・関わる人の悪口は言わない(人間関係の悩み・相談ならOK)

・ものごとのポジティブな面を見て考える

・感情的になりそうになったら、散歩する

など、マイルールを作っておくと、その場その場で相手の言動に振り回されたり、感情に流されてイライラすることが少なくなりますよ。

どんな風に職場の人や友人と関係を作っていきたいのか、どんな風に一緒の時間を過ごしたいのか、その為に自分はどうするのか、が分かると行動も変わってきます。

自分の行動や態度が変わると「あの人の前だと人のグチ言いにくいよね」など相手が変わってき始めます。

ぜひ、自分はどういう行動を取りたいか考えてみてくださいね。

ステップ4:全ては学び

合わない人や苦手な人、イヤだなと感じる人と一緒にいることになった時、「今日はついていなかった~」「もう少し○○してくれれば良かったのに」と運だったり他人任せにしていませんか。

合わない人との出会いは、自分の感情と向き合え、「どうしてこうなったんだろう」と振り返ることで、これから出逢う人どうしたら楽しく過ごせるか学べることがとても多いですよ。そして、自分の事を知れ、今後の人間関係をどうするか、自分がどうなりたいのかなど考えるキッカケになります。

ただ、マイルールを縛りすぎて、「○○な人はダメ」「○○な考えをする人とも付き合わない」などたくさんのNG項目を作りすぎてしまうと、付き合う人も、人と繋がれたり交流を広められるチャンスを失うこともあるので注意が必要です。

また、たくさん決め過ぎても分からなくなってしまうので、シンプルにしておくのがオススメです。

今まで出逢った人も、これから出逢う人も、人と関わることで自分を知れ、新しい考え方やチャンスを得られることもたくさんあります。

「合わない人」と出逢うことは、見方を変えると、今後自分の人間関係をどうするか考えるキッカケになると考えられると、どんな人と会うのもワクワクしてきますよね。

【自分を変えるステップ】
1:感情的になっていないか
2:自分の線引き基準をつくる
3:自分が変わる
4:全ては学び

周りの合わない人とどうやって付き合えばいい?

話す
自分の気持ちが変わっても、A子さんのような人と毎日顔を合わせる職場や付き合いのある仲間や友達にいた場合、自分の気持ちが揺らいでしまう可能性もあります。

その場合、どうしたらいいのか、対応方法をご紹介します。

職場での人間関係

1.合わない人と認める
合わないけど、利害関係が生じていて相手から「苦手」「やりにくい」「合わない」と思われたくなくて、一生懸命うまく対応する突破口を探していないでしょうか。

そんな時は、「この人は、合わない人だった」と認めてしまうと、ムリに何とかしようとしていたストレスが軽減されますよ。

そして、「○○さんは苦手、でも、上手くやっていくにはどうしよう?」と声を出してみると、自分がどうしたいか解決方法が見つかることもありますし、友達や同期に相談してみると意外な方法が見つかることもあります。

実際に、会社で苦手な同期がいるときに試してみたら、自分の気持ちにウソを付かなくなったことで、苦手意識が無くなっていきました。

ただ、相手を避けたり嫌いになるのを増長する方法はおススメしません。

2.周りを巻き込む
もし、仕事上での人間関係に嫌悪感を抱いていた場合、自分だけの問題では無いこともあります。仕事はチームワークで対応するので、1人の感情や思いで、周りが困ってしまうこともありえますよね。

そんな時は、信頼できる人に相談し、一緒に対応をしてもらう。や、話せない場合は、苦手な人と一緒に対応をすることになった場合、誰かをさりげなくブッキングしてみると、苦手な人と2人でいない状況になるので、オススメです。

できるだけ関わる時間や接触回数を減らせる手段を探してみるのが良いですよ。

3.逃げてみる
苦手な人や合わない人ともうこれ以上ムリ!!と思ったら、環境を変えるのも1つの方法です。ずっと同じところに居なければいけないなんてルールはないですし、相手を変えようとするより自分を変えてしまった方が早いこともあります。

思い切って部署移動してみる、働き方を変えてみるのも手段としてアリ。

いざという時のためにも、そうでなくても働く上で、自分の強みになるスキルを身に付けておく事は、周囲も認めざる得ない存在になるので、できることを増やしておいても良いですね。

環境を変えてみるという方法に関してはこちらの記事が参考になります!

【職場の人間対応まとめ】
・合わない人と認める
・周りを巻き込む
・逃げてみる

友達との人間関係

1.一旦距離を空けてみる
ちょっと合わないな・・・と言う人とムリに一緒に居てもお互い楽しい時間を過ごせるか・・・。というとなかなか難しいのではないでしょうか。

関係を切ってしまえるなら簡単ですが、100%嫌いな人でない限り関係を終わらせてしまうのはしたくないな~と言うこともありますよね。

そんな時は、可能であれば会う期間を空けてみるのも良い方法ですよ。

離れた事でお互いのタイミングが合うこともあるかも知れませんし、何か共通点が生まれて一緒にいるのが楽しくなることだってありますよ。

2.新しいコミュニティーを見つける
グループで仲良くしていると、苦手な友達といつまでも一緒にいないといけない理由はないけど、他のメンバーとは仲良くしたいし・・・という時ってありますよね。

時間をかけて作ってきた人間関係を手放すのではなく、他の仲良くできる友達を探すのも方法です。

趣味でも良いですし、始めてみたいことで繋がった仲間を大切にしているうちに、合わない人だと思っていた友人とも、一緒にいることが楽しくなることだってありますよ。

3.相手の話をひたすら聞いてみる
「苦手だな」と思う人だとしても、もしかしたらその人の思いや状況を聞くことで、共感することがあります。

相手の表面上しか見ていない状態だった時には気付けない相手を知ることで、「こんな良いところがあるんだ」「こんな考えがあって行動しているんだ!」など相手の新しい発見によって関係が変わることだってあるんですよ。

自分の事を真剣に聞いてくれる人に不快感を持つ人は少ないので、ぜひ、相手の話を聞いて相手を理解してみるのもオススメです。

【友達の人間対応まとめ】
・一旦距離を空けてみる
・新しいコミュニティーを見つける
・相手の話をひたすら聞いてみる

人間関係がもし面倒になった場合はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

まとめ

笑顔
たくさんの人がいる中で、全員と気が合うと思えるようになることは残念ながら不可能に近い状態です。

「誰もが、合わない人がいるんだ。そして、そう感じても問題ないし悪いことではない」と考えられるだけで人付き合いが少し気楽になるのではないでしょうか。

また、合わない人と出逢っても、必ずしもマイナスの状態なのではなく、自分自身がどう人と付き合いたいか、自分がどうしていきたいか考えるキッカケにもなるチャンスにも変えることができますよ。

どんな出会いにもたくさんの学びと喜びがあります。これからのあなたの人生が素晴しい出会いで溢れていきますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました