人生が始まるタイミングはいつも「現状不満足」からだった

「あー、今日もまた外回りかー、めんどくさいな、、」

そんなことを毎日のように思っていた住宅メーカーの営業マン時代。

つまらない毎日を脱却して、成功したい・・

多くの人が一度は思うことではないでしょうか?
うちも、その一人でした。

こいけん
こいけん

こんにちは、こいけんと言います

サラリーマン奴隷を辞めて、はや十数年。

おかげさまで今は、事業の数も14を超え、個人のエンジェル投資家としても、おもしろい若者の会社12社に出資ができる立場になりました。

去年は生まれて初めての事業売却も経験してます。

数多くの会社を持っていたり経営してますが、働いている時間は、サラリーマン時代の半分〜3分の1以下になって、

好きな時に、好きな人と、好きな場所で働くというライフスタイルも手に入れてしまいました。
友だちも多く、毎日が幸せです。

楽しい

こいけん
こいけん

こう聞くと、めちゃくちゃムカつくやつ、と思われそうですがw

でも、わずか十数年前まで、うちも普通のサラリーマン、いや、むしろ、どっちかっていうと、しょぼい部類のサラリーマンでした。

それなのに、どうやって今の状態まで来ることができたのか??

ほんの数年、人生を変えようとがむしゃらに動けば、誰だってステキな状態を手に入れることができます。

そんなことを伝えたくて、この記事を書かせていただいてます(^^)

人生って、ホント面白いんですよ?

だってね、幼少の頃から成長していく過程で、その時、その瞬間に感じていた「不足感」や「不満」や「不平」や「不安」。

この数々の「不」つまり、マイナスがなかったら、今の状態なんて存在しないんですから。

過去の数々の「マイナス」がなかったら、今、あなたとこうして(文字越しですけど)出会うことだってなかったんです。

そういう意味では、この文章を読んでくれているあなたも、今までのマイナスを経て、タイミングが合ったからこの文章を読んでいるのかもしれません。

お互いのほんのちょっとのタイミングがずれたり、過去のどこかのボタンがちょっと掛け違えていただけで、この出会いはなかった・・

こいけん
こいけん

そう考えたら奇跡ですよね(^^)

でね、この「マイナス」から人生を逆転させて、すべてが満たされるステキな状態になっていくまでの奇跡を感じてもらうために、ちょっとだけ、うちの物語にお付き合いください。

物語を読んだのちには、

あなたがこれから、どんなステップで、どう人生の変革を起こしていけば、圧倒的なレベルで成功をすることができるのか??

そのマインドからノウハウまでの全てをお伝えさせていただきますので、楽しみにしていてくださいね(^^)

不満や不足、不安や疑問だらけだった子供時代

子供うちの親父は、うちが20歳の頃に肝臓のガンで亡くなりました。

当時は気づいてなかったんですが、今だからこそ、彼がたくさんのステキな考えや力を与えてくれたこと、めちゃくちゃ感謝しています。

うちの親父は、当時から飲んべえで、毎日のようにいろんなお店で飲み歩いては、家に「知らない人」を連れてくるクセのある、変な人でした。

こいけん
こいけん

毎日家に帰ると、知らないおじさんがいたり、
朝起きたら、リビングに知らない人が寝てるんです。笑

で、うちの間取りっていうのが、リビングを通らないと、自分の部屋に行けない仕組みだったから、必ず知らない人とおしゃべりをしなくちゃいけない状況になるんですね。

たくさんの大人たちと話していると、だんだんですが、人と喋ることや、人に質問する力がついてくるんです。

「今のお仕事は?」
「なぜその仕事をしているんですか?」
「今の楽しみってどんなことですか?」
「成功しているとしたらその秘訣は?」
「どんな失敗をして、そこから何を得たんですか?」

質問をして、話を聞いてあげればあげるほど、人は喜んで色んなことを話してくれるようになるんだと気づきました。

でも、やっぱり知らない人が家に来るのは嫌なんです。

そんなことをおかんと話すと、おかんも
「嫌んなっちゃうねー」
なんてことを言うんだけど、母も母でピアノの先生をしていたので、お昼から夕方は毎日のように、同世代の女の子が家に来るんです。

で、月一で必ず、大人数の女子だらけの誕生日パーティに座らされて、みんなにジュースを注いだり、ケーキを取り分けたりしてました。

こいけん
こいけん

当時は、これも嫌で仕方なかったです

だって、小学校高学年とか中学生の時なんて、男子はイキりたいわけですよ。
女子と遊ぶなんてダセーと。

さらに、そんなおかんの口グセは
「我が家はとにかく貧乏だから・・無駄遣いダメ、貯金しなさい」でした。

子供の頃はそれを信じ切っていたので、毎週日曜日の外食の日には、気をつかって「一番安いものを頼まなきゃ」なんてことを考えて、いつも親の顔色を伺う人間になってしまいました。

※よく考えたら、毎週外食してる時点である程度は裕福ですよね。笑
親父が死んでから分かったのが、彼は年収2500万ももらってたんです!

でも、親から貧乏だと言われ続けたらそう思っちゃうじゃないですか。

あるとき家でチーズフォンデュが出た時なんて、

「ああ、我が家は本当に貧乏だからこんなパンの切れ端を工夫して食べるしかないんだなぁ・・」

と思ったりしてましたから。笑

だから、子供ながらに「自分はいつかお金持ちになって、親たちみたいな状態にならないんだ!」と、いつも思ってました。

上京して自由になった大学時代

大学生そんな思春期、うちは、考え方や行動を色々と制限され続けていたので、

「さっさと家を出たい!!」

と大学受験をして、当時住んでいた地方都市から飛び出し上京します。

一人暮らしを始めて、心からの自由を感じるようになるんですけど、育った環境から得たスキルってすごいですね。

親父、おかんから与えられた(嫌だと思っていた)知らない人とのコミュ力の「おかげで」、誰にでも声をかけることができるようになってたんです。

質問をすることで話を盛り上げたり、女子に気配りをするクセで、人に声をかけたり、女子に対して全くブレーキがなかったので、モテました。

そう、大学時代は、ナンパや合コンとかが趣味になりました。

こいけん
こいけん

おかげでいい思いもたくさんしました♡

一人暮らしの家には、毎日のように友達が遊びに来て、歯ブラシの数は最大40を超えてるような状態。

常に、みんなにおもてなしをして、喜んでもらうのも楽しくて、当時バイトをしていたファミレスから、廃棄の食材をもらって帰っては、みんなに振る舞ったりもしてました。

これは、子供の頃に見ていた、両親の「人をもてなす姿」を見ていたので、そうするのが当たり前になっていたんですね。

こんなに自由になった大学生だから、なんだか自由に、独立したり、フリーランスとして生きていくのかな?と思いませんか??

ですが、両親からもらった呪縛はすごくて。

「いい会社に行け」と、昔から言われ続けたことが正しい道だと思いそれだけが正義だと信じ、一部上場の大会社への就活を始めてたんです。

初めのうちはぜんぜん面接にも通らないんですけど、じょじょにコツが分かり始めて、

「ナンパが趣味です」

というロジックだけで、入りたかった住宅メーカーの内定を取りまくりました。

「ナンパと営業は同じだと思うんです。どれだけ声をかけても折れない心と、人にフラれても、何度でも工夫を繰り返す力が身に付いているので、営業は間違いなくうまくいくと思ってます。試しに雇ってみてください」

こんな強気の発言で、どのメーカーでも気に入られて即採用なんてことが続きまくりました。

おかげで、一部上場の中でも、日本一の住宅メーカーに就職します。

グチだらけの会社員時代

会社員でも、ここからまた不幸が始まります。。

良かれと思って入った会社なのに、なんだか会社の上司たちがいつもグチばっかり言って、楽しそうじゃないんですよね。。

飲み会に行けば、お客さんへのグチ、業者さんへのグチ、会社へのグチ・・

いつもそんなことを聞かされて「だったら辞めればいいのに」と思いながらも、そこにい続けると、マインドが染まっていくんですよね。

じょじょに、自分も会社のグチとか、お客さんへの不満を言うようになってしまってたんです。

1年目から冬のボーナスには130万円ものお金がもらえるし、たくさんお金がもらえるのは嬉しかったけど、モチベーションはそれだけ。

昔はそれがめちゃくちゃ嫌だったし、仕事の中でもたくさんのガマンとか苦労とかが絶えなかった。

こいけん
こいけん

もちろん、たまに楽しいこともあったけど、
それよりも、不満の方が多かった気がします

それにね、社内を見回したら、自分の「10年後の姿」「20年後の姿」がはっきり見えてしまうわけです。

あんな風には、なりたくない・・・
自分の人生は、こんなものじゃない!

と。

そんな「現状不満足」を飛び出したくて、もっと営業のスキルを上げて給料を上げたら、社内で上を目指せるんだと信じ、初めて自腹を切って3万円の「営業スキル向上セミナー」的なものに行くことを決意しました。

こいけん
こいけん

めちゃくちゃ刺激的でした

そこには住宅の営業マンだけではなくて、いろんな会社の社長さんが営業を学びに集まっているんです。

そして、彼らの話がまたおもしろいんですよ。

それまでは、「セミナー」=「詐欺」とか、セミナーをしている人は、「ネットワークビジネス」や「宗教」の人と思っていた概念が崩れた瞬間でした。

セミナーで出会った人からお勧めされて、生まれて初めて「ビジネス本」「自己啓発本」なんかを読むと、そこには、自分の人生を楽しんでいる人たちのキラキラした姿がありました。

ちなみに、当時(2003年)、まず読んだ本は

◆ロバートキヨサキ 金持ち父さん貧乏父さん
◆高橋歩 人生の地図
◆本田健 ユダヤ人大富豪の教え
◆神田昌典 非常識な成功法則
◆斎藤一人 変な人が書いた成功法則

の5冊です。

もう、目から鱗、衝撃の連続でした。

こんな生き方も存在するんだ、、こんな世界があるんだ。。

これを知ってしまったら、今いる自分の状況がどんどんバカバカしくなって、あっという間に外の世界に出始めたんです。

今までは参加すらしていなかった、大学のOB会に出て、いろんな生き方をしている人に会いました。

そのOB会で、運命の出会いがあります。

年収3億円の美人女子大生との出会い

女子大生当時のうちのメンターになる
「めちゃくちゃ可愛い女子大生」

に出会ったんです。

彼女はすべてがケタ外れ、規格外でした。

  • 大学生なのに会社を数社所有して年収が3億だったこと。
  • 当時、アフリカに7億円をポーンと寄付していたこと。
  • 年収3億くらいなら、2年もあれば到達するなんてことを言っていたこと。
  • 日常になんの不満もなく、与える人で、本当に幸せそうだったこと。
  • 究極の自由は「ホームでも寝られるし、タワマンにも住めること」という名言。
  • 成功したかったら、捨てまくれと言われたこと。
  • お金持ちを目指さず資産持ちを目指せと言われたこと。
  • 成功したかったら、枠を広げて視座を上げろと言われたこと。

全部が自分の中にあった常識外のことばかりで、理解不能。

そのタイミングで、自分の勤めていた会社のことを知りたくて、インターネットで会社のIR情報を調べて衝撃を受けます。

なんと、当時の社長の年収が1億ちょっとだったんです・・・

こいけん
こいけん

え??女子大生に年収負けてるの??

この会社での最高峰を目指したところで、ただの雇われ社長でしかなくて、その年収には限りがあると知って、愕然。

世の中を見回したら、もっともっと上がいて、自分で会社をやっている年収数十億円の人たちがたくさんいることを知ったんです。

で、現状不満足が限界だったうちは、

「今すぐにでも会社から独立して、自分の人生を生きたい!!!」

そう思って、彼女に弟子入りを決意。

ただ、月額50万円を6ヶ月払うという、弟子入りの費用を払うのが条件でした。

当時からしたら、ありえない額の投資です。
でも、清水の舞台から飛び降りる決意でお金を払うことに。

「詐欺だったらどうしよう・・」という思いが頭をよぎったけど、自分の成長や、将来のワクワクを考えたら、飛び込まないという選択肢は考えられなかったんです。

おかげで、完全に腹がすわって「何がなんでも元をとる!」と行動をしまくって、独立を決意します。(そこから独立までは2年かかります)

初めのうちは不安と恐怖から、一生懸命寝る間も惜しんで発信をし続けたり、SNSで人とのつながりを作りまくりました。

独立するにあたって、「サプライズの企画会社を作る!」と決め、日本中の誰よりもサプライズに詳しくなろうと、検索で「サプライズ」と付くものすべてに目を通す毎日。

その中で、すぐに使えるサプライズのアイデアを求めている人が多いことに気づき、作ることにしたのが「サプライズのアイデア集」です。

そこからさらに発信、行動を続けて、色んな人に会いに行き、そのたびに勇気をもらい、そしてサプライズのアイデアを提供してくれる人とのやりとりも増えていき、じょじょに楽しくなっていきました。

「自分の作る商品を手にしてくれた人が、どんなに喜んでくれるのかな?」

と考えると、どんどんワクワクが増えていくんです。

そして、1日3時間睡眠で「サプライズのアイデア集」が完成。

サプライズアイデア集

そうこうしているうちに、発信を続けていたブログ(当時のSNSだったGREE)がバズってアクセスが増え始め、1回記事を書くと1000件もコメントがくるブログに育っていきました。

こいけん
こいけん

なぜそうなったのか?究極の秘訣は後ほどお伝えします

ただ、いつも不安はつきまとっていました。

でも、それでも思い切って、勇気を振り絞り、会社を退職。

仕事をやめた次の日、信じられないくらい空がキレイで、心が解放されて、久しぶりに周りの風景をゆっくり見られたのが忘れられません。

空

これからは、好きなことを好きなだけしても、誰にも文句なんて言われない。
もっともっと好きなことをしまくろう!

そう思い、大好きだったスノボがしたくて、ニュージーランドに1ヶ月の旅に出ました。

そして、その旅の途中・・・

これまで一生懸命つくり続けていたサプライズのアイデア集が、初めて売れたんです!!

「3900円」

たったの3900円だったけれど、イヤなことをガマンして、自分にウソをつき続けてもらっていた給料の100万円より、ずっとずーっと嬉しかった。

今でも、その時の入金メールは初心を忘れないように取ってあります。

好きなことで、自分が創り出した価値でいただいたお金って、好きでもないことで稼ぐお金の何倍も、何十倍も価値があると気づいたんです。

それからの行動力はすごかったです。

3年後には月商が1000万円を超え、4年後には会社を社長に任せて、自分はまた新しい会社を立ち上げ、会社の数はどんどん増えていって、オーナーの立場になることができました。

・・・・・

と、ここまでがザックリの物語です。

人生をスタートすることは、どんな年齢だって、どんなタイミングからだって、誰にだってできることです。

ただ、その面白さとか奇跡に気づいて、自分自身を変えていこうとする「決断」「決意」ができるかどうか?

自分の人生に自分自身で希望を持って、勇気を持って動き出すことができるか?

なかなかできないことですよね。

こいけん
こいけん

当時のうちもそうだったので、気持ちはよくわかります。笑

だから、ここからは、実際に動くときに、

「どんなことを考え、どんなことをポイントにしていけばいいのか?」

経験談も踏まえながら、お伝えしていきますね。

人生においての最高のエンターテイメントは「自分の成長」

成長ドラマを見て、一喜一憂したり、人の人生を批判したり称賛してるヒマがあったら、自らの可能性を信じて、どんどん動いて主人公になること。

傍観者の人生で終わるのか?
人生をクリエイトするのか?

あなたの人生が、ステキな物語になるためのヒントになるように、ここからは、うちが当時、具体的にどんなステップを考え、行動したのか?

そのコツをお伝えしていきたいと思います。

『現状を変えて、人生を激変させる7つのステップ』

  • ステップ1:自分にとっての「成功」を定義する
  • ステップ2:お金を払う(お金のマイナスの力を使う)
  • ステップ3:理想に向けて環境と時間の使い方を変える(時間のマイナス)
  • ステップ4:毎日を楽しいことと、理想の人との時間で満たしていく
  • ステップ5:どんなことをビジネスにするか?コンセプトを決める
  • ステップ6:発信発信発信!与えて与えて与えまくる!!
  • ステップ7:プロジェクトプランを作って、圧倒的に行動しまくる

すべて、超超超超大切なことなので、一つ一つご説明していきますね。

ステップ1:自分にとっての「成功」を定義する

成功まず、あなたに質問したいのですが、「成功」ってなんですか??

うちは、メンターへの弟子入りをしたときに、禅問答のようにいろんなことを聞かれまくりました。

「なぜ成功したいの?」
「あなたにとっての成功って何?」
「なんで月収300万円が欲しいの?」
「それを得たら成功なの?」
「その状態を得るためだったら、毎日の睡眠時間が1時間でもいいの?」
「すべての得たときに、周りに誰もいなかったらどう思う?」
こいけん
こいけん

当時は、すべてに、答えられませんでした。苦笑

彼女に言われてなるほどと思った言葉は

「あなたは、成功したいのか?」
「それとも幸せになりたいのか?」

という質問でした。

さらに、こんなことも聞かれました

「ビジネスで成功したいのか?」
「それとも人生で成功したいのか?」

と。

というのも、うちは当時
「ビジネスで成功したら幸せになる」
と、完全に思い込んでいたんです。

ここで、新しい概念ができあがりました。

【自分にとっての成功、幸せ、理想をしっかりと時間をとって考える】

世の中の人たちが目指している成功なんかじゃなくて、

自分にとっての幸せで、豊かな状態ってどんなことなのか?
どんな状態なのか?

を明確にして、これを常に意識できるように言語化とビジュアル化していくこと。

これができている人って、目指すべき場所がはっきり、くっきり見えてきますよね。

ということはつまり、

これから自分がどんな働き方を目指せばいいのか?
どんな在り方を手に入れていけばいいのか?
どんな人と付き合うべきか?

がどんどん明確になっていくんです。

ということで、まずはじめにあなたに考えてもらいたいことは、、

「あなたにとっての豊かさ、幸せ、成功の定義を決める」

こと。

これは、何日かけてでもいいので、しっかりと向き合ってみてください。

ここがずれてしまうと、「お金さえ稼げればその先に幸せがある」と大きな勘違いをしてしまいます。

・月にどれくらいの稼動で、いくらくらい稼ぎたいのか?
・その時に、どこに誰と一緒にいて、どんな働き方をしていたいのか?
・人を喜ばせるために、世のため人のためにどれくらいの時間を使いたいのか?
・自分の趣味や楽しみにどれくらい時間を使えたらワクワクするのか?
・どんな住まいで、どんな持ち物で、どんな健康状態だったら幸せか?
・どれくらいの資産があって、どんな友だちが欲しいのか?
・パートナーシップや家族関係はどうありたいのか?

こんなこと、真剣に考えたこと、なくないですか??

でもね、これを決めずにビジネスを始めようとするのって、
何の理由もなく、100人前のカレーライスを作りたい!!って言っているのと同じようなことなんです。

原因と結果の法則

世の中には「原因と結果の法則」という普遍の法則があります。

結果を得るためには、それに起因する「原因」がある。というもの。

例えば、10人前のカレーライスを手に入れたいとしたら・・
その「原因」って何が考えられますか??

  • 10人分のカレーライスの材料
  • カレーライスのレシピ
  • 調理器具
  • よし、作ろう!という決意
  • 調理をするという行動

これだけで、10人前のカレーライスが手に入っても、実は意味がないってこと、分かりますか??

ここに書いた「原因」には、一つ大きなポイントが欠けています。

その大きなポイントが、このカレーライスを
「なんのために作るのか?」
という動機、目的です。

人に振る舞うためなのか、自分を満たすためなのか。
はたまた、家族においしい食事を提供して、元気になってもらうためなのか。

このカレーを作る「動機」「作る理由」がなければ、そもそも作る意味も、必要もないと思いませんか??

ということで、ファーストステップは、ぜひあなたにとって

「ビジネスとか、起業、副業をする理由」
そして「自分にとっての幸せな成功の定義」

をしっかりと明文化してみましょう(^^)

ステップ2:お金を払う(お金のマイナスの力を使う)

お金払うこの世の中には「対価の法則」というものが存在します。

多くの人は、自分にとって何も痛くない無料の情報や、少額の情報で大きなリターンを得ようとしてしまいますが、実はここに落とし穴があります。

世の中の多くの無料で転がっている情報は、2次情報3次情報が多かったり、昔成功した人たちの「残りカス」であることが多いです。

スタートから「無料の情報でなんとかしよう」と思う行為は、実は、得をしていそうで、多くのものを失っていることに気づいて欲しいんです。

人間の脳みそは、無意識で整合性をとる仕組みになっているので、

「無料で得た情報」=「無料の価値でしかない」

と思い込んでしまい、行動のモチベーションにつながりません。

世の中に「タダほど高いものはない」ということわざの通り、いつまでたっても成功できない人のパターンの一つが

「自分にとって、痛みを感じるほどのお金を払ったチャレンジ」

をしないことなんですね。
覚えておいてください。

お金を最も増やす方法は、「自分の未来にお金を使うこと」です(^^)

みんな、一生懸命決断をするぞ!とか、コミットするぞ!と気合を入れますが、最もシンプルなコミット方法は、「痛みを感じるお金を払うこと」。

こいけん
こいけん

これ、最重要ポイントなんです!

ただし、「すぐにカンタンに儲かる」的な
微妙なノウハウにお金を払うのは×ですよw

ステップ3:理想に向けて時間の使い方を変える(時間のマイナス)

時間「人間は、環境の生き物である」

これは、多くの心理学者や成功者たちが口をそろえて言うことです。

有名なコンサルタントで、ブレイクスルー大学の学長大前研一さんは、人生を変える方法は3つしかないと言い切っています。

一つは時間配分を変える
二つ目は住む場所を変える
三つ目は付き合う人を変える

この三つの要素でしか人間は変わらない。と。

100%これが正解だとは思いませんし、うちはこれに、「お金の使い方を変える」を加えたいですが、この考え方は、かなり的を得ていると思います。

この中でも、付き合う人を変えるのと、住む場所を変えるのは、けっこう労力やお金がかかりますが、「1日の時間の使い方」は、実はちょっとの工夫で変えることができます。

ここで、多くの人が間違ってしまうのが「新しく追加すること」ばかりにフォーカスをすること。

でも、本当に大切なのは、まず「捨てるべき時間やコト」です。

スティーブ・ジョブズはこんなことを言っています。

「何をするか?よりも何をしないか?の方が重要だ」

そう、ここに気づかない人が多いんですね。

お腹がいっぱいの状態でご飯を食べるのが難しいのと同じく、時間がパンパンなのに、新しく何かの時間を追加するのは難しいんです。

だからこそ、まずは「捨てる時間」を明確にしていきます。

当時、うちが捨てた時間、しないと決めたことは・・

  • 「テレビを見る時間」を捨てるために、テレビを捨てました。
  • 会社の上司や友人との「生産性のない飲み会」の時間を捨てました。
  • メールを見て、ついネットサーフィンをしてYouTubeを見てしまう時間を捨てました。

これをするだけで、1日多い日で5時間くらいの時間を作ることができます。

1日5時間の新しい時間が生まれたってことは・・
1年間にすると、1825時間、つまり、1年に76日も自分の未来へ投資できる時間ができたってことになります。

この時間はめちゃくちゃ大きかったです。

この時間を使って、未来の計画をしたり、楽しいことをしたり、そして、ビジネスの準備をし始めることができました。

さらに、部屋にあった1年以上触っていなかったもの、
自分の年収が3億円になった時には「家にないだろうな・・」と思えるものは全部売ったり、人にあげたり、捨てたりしまくりました。

こいけん
こいけん

実はこれもめっちゃ大切ですよ^^

ステップ4:毎日を楽しいことと理想の人との時間で満たしていく

楽しい時間

なんのためにビジネスをするのか?
成功を目指すのか?
自分にとっての幸せは??

これがハッキリしてからは、自分がワクワクすることに毎日時間を使って、エネルギーを高めていきました。

具体的には、うちの場合、エネルギーが高まることは

  • マーケティングのことを勉強すること
  • 成功のための秘訣を勉強すること
  • どうしたら人が行動するか心理学を学ぶこと
  • ブログを書いて人の反応を得ること
  • インテリアを整えること
  • 好きな音楽のプレイリストをつくること
  • 自分に似合う服を探すこと
  • おしゃれなカフェを探すこと
  • 可愛い女の子と遊ぶこと
  • 経営者の人に会って話を聞くこと
  • アートに触れること

こんなことだと分かったので、これらに時間を使いました。

次に、理想の状態を得ている人との時間を増やしていきます。

どうしたかというと・・・

移動中のスキマ時間の使い方を変えました。

具体的には、実際に成功者に会うなんて、そうカンタンにできないと思っていたので、スキマの時間には常に、世の中の成功者と呼ばれる人たちの「音声」を聴きまくりました。

人と会っていない時間はすべて「成功者たち」との時間に当てたんですね。

徹底的に「音声」で彼らのマインドや言葉使い、そして行動パターンなんかをインストールしていくんです。

今だったら、無料でYouTubeでもポッドキャストでも、あらゆるところで成功している人たちの音声を聞くことはできますよね(^^)

これを続けるだけで、少しずつですが、自分の中に「自信」が生まれてくることを実感できます。

もちろん、最上級の理想的は、自分が理想としている状況を手に入れている人にどんどん会いにいって、その人との時間を増やすことです。

高いレベルで成功している人たちの輪の中に入ると、始めのうちはめちゃくちゃ居心地が悪いかもしれないけれど、彼らとの時間が増えるたびに、自らの思考のレベルもどんどん変わっていきます。

ステップ5:どんなことをビジネスにするか?コンセプトを決める。

コンセプト自分がどの分野でビジネスをしていくのか?
どんな仕事で食べていくのか?

そのコンセプトを決めていきます。

これを「コンセプトメイキング」と言うんですが、基本は、

・誰に
・何を
・どう提供する人なのか?
・他との違いは何か?
・どんなベネフィットが得られるのか?

これが明確になるといいですね。

うちの場合、はじめは、

・大切な人に感動のサプライズをする人を応援する「サプライズコンサルタント」

という肩書きを決めました。

これが決まると、情報収集の質が変わっていきます。

徹底的にその分野について、調べまくるようになって、どんどん知識が溜まっていくので、コンセプト決めができるといいですよね。

コンセプトを作るときには、自分が介入する分野の困りごとを、Yahoo知恵袋や、検索をしまくって、集めるのがおすすめです。

これをやると「この問題を解決するコンセプトを提供しよう」と道が見えてきますので。

ステップ6:発信を続けて、与えて与えて与えまくる

与えるうちの場合は、「サプライズ」をテーマにビジネスをする!と決めたのですが、まずは、発信の勉強として「人を元気にするブログ」を書き始めました。

どんな記事を書けば人が喜ぶのか?を考えまくって、メンターの教えであった

「自分がされたら嬉しいと思うことを、どんどん先に与えなさい」

ということを実践しまくりました。具体的にやったことを紹介しますね。

SNS上でブログを書いた時、見に来てくれて、さらにコメントをされたりしたら、嬉しいじゃないですか?

だから、まず自分からいろんな人のブログを見に行って、その人の文章の中で感銘を受けた箇所とか、いいなと思ったことを拾って

「ここに共感した!ステキ!」とか
「めちゃ勉強になりました」とか
「なんだか嬉しくなりました」とか
「元気をもらえました、ありがとう」とか

そういうコメントをしまくっていったんですね。

そうしたら、いつの間にか自分のブログにどんどん人がコメントをしに来てくれるようになって、それが10人、100人、1000人と増えていって、いつの間にかそのSNSのお気に入りランキングで圧倒的な1位に。

それから、サプライズのコミュニティを作って、その中で、どんどん自分が勉強して得たサプライズの情報を、これでもか!というくらい発信し続けていきました。

発信、発信、発信の連続で、数多くの人に認知され、何度も自分のことを見かけてもらうことで「ザイオンス効果」と言って、接触回数が増えることで好感度と信用度が上がっていき、その結果・・

「もっといいサプライズの情報ありますよね?いつ売ってくれますか?」

なんてコメントやメッセージがちょっとずつ来るようになったんです。

こいけん
こいけん

与える力はほんとーにすごいですよ!

ステップ7:プロジェクトプランを作って、圧倒的に行動する(信頼が溢れまくったら、商品をリリースする)

行動実際に自分がどんなロードマップで、お金を得ていくのか?
その道筋を行動計画として落とし込んでいきました。

1日に、何件の見込み客集客をするのか?
1日に、どれくらいの時間をコンテンツ制作にかけるのか?
1日に、どれだけセールスのメッセージを送るのか?

こういうことを計画しました。

与えまくった信用が溢れる前くらいから、実際に自分のビジネスとしての、「サプライズアイデア集」の販売と、サプライズの相談に乗ること。

そして、新たなサプライズ商品の開発と、自分の顧客になる人たちのリスト取りを始めました。

具体的には

「明日にでも使えるサプライズのアイデア10選」を欲しい方は、こちらのメールアドレスに登録で、無料レポートをプレゼント

と、今ではよくある方法をやったわけです。

ここで、1万人近くの顧客リストを手に入れることができました。

そして、自分のサプライズのアイデア集が完成した時、、

この1万人の方たちに、サプライズのアイデア集を期間限定で販売することを告知したんです。

こいけん
こいけん

セールスは、同じリストに対して、合計7回くらい行いました

また、サプライズのコミュニティに所属してくださった15,000人にも、一人一人にメッセージをして、サプライズアイデア集の販売ページへの誘導をし、ここで1,500冊ほどのサプライズアイデア集(PDF)が売れました。

と、ここまでが全体的な流れになります。

細かい話をすると、もっともっとやったことはたくさんありますが、大まかな流れは掴めたのではないでしょうか?

新しい人生を始めるなら覚えておきたい言葉

言葉色々と話してきましたが、まとめると

■人生が変わる時には「現状不満足」が存在する
■人生における「不」は、悪いものではなく、そこから人生が開ける
■コミットできる「お金」を支払うことで、本当の決断が手に入る
■時間の使い方を変えることで、人生が変わる
■付き合う人を変えることで、セルフイメージも、レベルも上がる

こんなところでしょうか。

最後に、あなたがこれから先、新しい人生を始めるときに、ぜひ覚えておいてもらいたいことがあるので、その言葉をお送りして、この記事を終わりたいと思います。

「100億円儲かるという企画書を持っている人より、実際に100円稼いで来た人が成功する!」

多くの人は「こんないいアイデアがあるんです」とか「このビジネスは儲かると思います」と、やりもしないことで夢を膨らませて、結局1ミリも行動しない、ということを選択しています。

それをするのに、最高の日は、今日。
最悪の日は、明日。です。

そして、

人は、いつも成功の一歩手前で、立ち止まったり、考えたり、後戻りしたりして、神様をイライラさせています。

勝負をおりない人は、勝負をおりた人の運を丸ごともらってますます強くなっていきます。

成長は、人生で最高のエンターテイメントです。
その中でも「自分の成長」に敵うエンタメは無いんです。

これからは、挑戦がコンテンツになる時代。

プロセスエコノミーと言って、自分の成長の過程だったり、チャレンジをしていくすべてを動画に記録して残していくだけで、それがコンテンツになる時代です。

自分の中にある想いを、この世の中に「形」として作り上げることほど、エキサイティングで、ワクワクすることはないので、ぜひ、あなたも人生を楽しんでくださいね。

ここで伝えきれなかったことは、3つの動画にまとめてプレゼントしているので、ご覧になってみてください。

正解が見えない時代をオモシロく生きるポイントや、これからの生き方働き方が見えてきますよ。

それにしても、こんなに長い記事を最後まで読んでくれるなんて、あなたもなかなかの変態ですねw

お付き合いいただき、ありがとうございました(^^)

ビールを飲む人

こいけん

こいけん

大手住宅メーカーの営業マンから、まったく関係のない「サプライズ」で起業。その後、数々の会社を立ち上げる中で、どうしたら「時間的自由」と「経済的自由」そして「好きなことをする」ことを一緒に実現できるのかを試行錯誤してきました。 現在は大好きなことを仕事にできる人を増やすべく、コンサルティングや起業塾を運営。 ビールとおっぱいをこよなく愛する、自由人です。稼げるビジネスモデルをつくるのが趣味です。オーナー会社含め9社の創業者。

この人が書いた記事をもっと読む
タイトルとURLをコピーしました