人間関係を断捨離すると何が起こる?友達が変わって気がついた13の事

人間関係を断捨離すると何が起こる?友達が変わって気がついた13の事

ライター:いくえ

何かあったとき、すぐ連絡できる友達や知り合いが多い、交友関係が広い人を「羨ましい」「いいな」と相手を魅力的に感じることってありますよね。

しかし、多くの人と繋がっている友人の中には年に数回、「この人とこのまま連絡を取り続けたいかな?」と増えすぎた友達を見直す「人間関係の断捨離」を行う人がいます。

【断捨離】
不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。 (Wikipediaより)

「物」に対して使われてきた断捨離ですが、自分の周りの知っている人を整理するときにも人間関係の断捨離という言葉で使われるようになりました。

確かに繋がっている知り合いはいても、いざという時に実際に携帯で連絡を取れる人やSNSで繋がっている人が何人いるか・・・その人全員覚えているか・・・など、を情報全てを把握しいる人は少ないのではないでしょうか。

気軽に連絡が取れたり、ネット上で交流ができるようになって、人との繋がりがスピーディーになり、会いたい人が近くに感じたり、人との距離感が急速に縮まってきました。その為、一度会っただけの人とも気軽にコンタクトがとれるような便利な状態になっています。

ただ、ふっと1人になって「本当に自分が必要な大切な友達ってどのくらい必要なんだろう」「もし、私がこのまま居なくなったらどのくらいの人が心配してくれるのかな・・・」なんて少し悲観的な考えをしてしまったことってありませんか!?

もし、データにある友達のデータが消えてしまったらどうなるのか・・・facebookの「イイネ」は押してくれるけど連絡手段が途絶えたら関係が無くなってしまうのか??

私の友達の中には「定期的にSNSなどで増えてしまったけど連絡していない人は削除している人」以外にも、

・携帯電話を無くして友達と一切連絡が取れなくなったけど、案外何とかなった

・SNSの連絡があまりに多いから、アプリを一旦アンインストールして過ごしたけど問題なかった

なんて人がいます。

これも一種の人間関係の断捨離です。

果たして人間関係の断捨離は「物」と同じように身軽な生活へと私たちを導き、人生を変えてくれることができるのか!?

そこで今回は、人間関係の断捨離をした周囲の意見と、私自身、携帯を変えるときいつもデータ移行が上手くいかず友人関係が勝手に整理されてしまった経験、ライフステージによる交友関係等の、人間関係の断捨離をすると(してしまったら)どうなるのかまとめさせていただきました。

人間関係に悩んでいる方や、携帯の移行など失敗したことないけどどうなるんだ!?と興味をお持ちの方、ぜひ最後まで読んでみてください!

人間関係の断捨離とは

カット

個人や会社で共有するシェアしたり、定額利用のサブスクリプションが私たちの日常に定着し、物を持たずにミニマムに生活する人が多くなってきました。

もっと前には自分にとって必要な物を見直す「断捨離」という言葉と行動が流行り、今では当たり前に使われてます。

【断捨離とは】
「断」=入ってくる不要なモノを断つ
「捨」=今ある不要なモノを捨てる
「離」=モノへの執着から離れる

この自分に必要なモノだけの言葉や行為だった断捨離が、人間関係にも断捨離を行って本当に自分にとって必要な人だけ・ムダな付き合いはしないという人も増えています。

ネットで気がるに付き合えて繋がれる時代だからこそ、データというモノに溢れてしまった人が「本当に大切な人」を求めたり、これから増えるであろう新しい友人になるかも知れない繋がりの為に、その席を空ける必要が出てくるかも知れませんよ。

ikue
ikue

私はあまりSNSを頻繁に使う方ではありませんが、何かの集まりに参加すると一気に友達申請などがあり、「あれ?この人話したっけ?」となることもしばしばあります。申請を確認しないで承認しているとスゴイ数になりますよね

人間関係に断捨離に後悔はない?~データが消えてしまった場合~

データ

いざ携帯を手に、連絡を取っていない人のデータを消そうと思っても「もしかしたら何かでまた繋がるかも知れない・・・」など考えてしまい行動ができないことってありますよね。

人間関係の断捨離をして後悔が無いのか?

実際に私が携帯の移行を失敗した・データが消えてしまった経験から申し上げると

全く問題なかった・後悔は無かった

のです。

私の場合、データを移行する前にminiSDカードに上書きして対応しなければいけないのに、それをいつも失念し、かなり昔のデータが入ってしまうという現象が毎回起きます・・・。

で、

・データが消えてどうなるか
・強制的な断捨離をしてどうなるか

その後のどうなったかを含め気付いたことをまとめさせていただきます。

気付いたこと1:大切な友達・関係者とは連絡を取ろうとする

データを無くして困るのは身近で何かあったときに連絡をしたい人達で、例えば家族などのデータです。そんな時はとりあえず、最初に会った人に必要なデータは個人情報が問題無い範囲で貰います。

友達の場合、1番始めに会った友人に頼み、事情を話してもらい相手から連絡をもらうようにしました。

ただ、毎回これをしていると大切な友達怒られてしまう可能性もあるので、1番始めにお願いする人は選ぶことをオススメします。

まず、誰との連絡が必要か!?を考えるので今の自分にとって大事な人が確認できますよ。

自分が必要な人はどうやっても連絡を取りたいと頑張る

気付いたこと2:相手から勝手に連絡が入る

もし、メールアドレスや電話番号など連絡先が分からなくても、どうしても必要に迫られると相手から連絡が入ってきます。

登録のない電話番号からかかってくると基本電話に出ないのですが、相手がどうしても連絡を取りたいと思ってくれている場合は、方法を考えてくれてショートメールなどでメッセージを送ってくれるので、また交流が復活することが可能になりました。

タイミングにもよりますが、時間を使ってコンタクト方法を考えてくれた友人は改めて存在の大切さに気がつかされますよ。

相手が連絡を取りたいと思って行動してくれる事もある

気付いたこと3:何かしらのコンタクト方法が残っている

データが無くなっても、LINEだったりfacebook、共通の友人、または会社という場所だったり、どこかでコンタクトを取れる手段は残っていました

「LINEで連絡取れないからMessengerでメッセージ送ることにしたよ~」なんてこともあります。

逆に友達がデータを消してしまい、連絡が取れなくなった時には手紙で連絡があったこともあります。「データを消してしまったため、こうして手紙を書きました。また繋がってくれると嬉しいです」という直筆のメッセージはいつもと違うコンタクト方法で、新鮮さと嬉しい気持ちになりました。

気付いたこと4:連絡先を交換したことを忘れていることもある

データが消えてしまった時は本当に焦りましたが、2か月くらいすると連絡を取りたい最低限の人のデータは集まってきます

miniSDカードに入れ忘れたデータで絶対に保存していないデータがあるはずなんですが、今日まで連絡先がなくて困った人は1人もいませんでした。

ということは、その時限りの関係で、特に連絡先を保管しなくても大丈夫な関係だったことが分かります。もし、データが復活しても「その人に連絡をとるか?」と聞かれるとNOなので、かえってデータを無くして良かったのカナ…と考えるようにしています。

連絡先を交換したことを忘れている場合もある

気付いたこと5:気にしていたのは私だけ

アドレスを変えるとき、「あっ、この人には一応連絡しようかな…」と思ってメールで報告すると、メールエラーで戻ってきてしまった事があります。

少し淋しい気もしましたが「なんだ、気にしてたの私だけか!」と気持ちよく連絡先を削除できました。

こちらも迷っていると言うことは、相手も少なからず同じような状態なわけで。案外相手も削除できなくて困っているのかも…とこちらから連絡を絶つのもそこまで気にしなくて大丈夫なんですよ。

【強制的な人間関係の断捨離をした場合の教訓】

1:大切な友達・関係者とは連絡を取ろうとする

2:相手から勝手に連絡が入る

3:何かしらのコンタクト方法が残っている

4:連絡先を交換したことを忘れていることもある

5:気にしていたのは私だけ

無理をした人間関係はストレスに繋がる~断捨離経験者の話~

悩む

時に友達や仲間、知り合えた人間関係で、とても幸せな気持ちになることもありますが、忙しいときにスゴイ勢いでLINEが何件も入っていたり、心の余裕が無いときに自分の話だけをしたいと分かる連絡をもらうと「少し面倒だな・・・」と感じてしまうような経験はないでしょうか。

たくさんの人との繋がりや、facebookやInstagramの友達の数やいいねの数は自分を認められた気がしますが、繋がりが多い分、イベントやお誘い・仕事の連絡なども増えていきます

人と繋がることが最高に幸せ!という人は問題ないですが、中には苦手な人とのコミュニケーションがストレスになることもありますよね。

友達に、定期的に自分のSNSのメンバーを削除したり、不要なグループから退席するなど「人間関係の断捨離」儀式を行う人もいます。

初めて聞いたときは「そんなことをして大丈夫なの!?」と思いましたが、話を聞いてみると案外理にかなっていることもあったので、ここで紹介しますね。

気付いたこと6:新しいスペースができる

人間の時間は24時間、活動したり誰かと会う時間には限りがあり、何かを手放す事で空間ができ、そこに新たに何かを置くことができます。

自分の部屋の断捨離をイメージすると分かりやすいですが、物が無くなった部屋は動きやすくどこに何があるかとても分かりやすいですよね。

人間関係も同じで、増えすぎてしまうと本当に大切な人や新しく仲良くなりたい人を自分の心の空間にうまく入れることができなくなってしまいます

人間関係の断捨離は、その時の自分にとって本当に仲良くしていきたい人や新しい交友関係をスムーズにすることができるようになるんですよ。

気付いたこと7:無理した関係は長続きしない

定期的に断捨離をする友達に聞いたことがあります。

ikue
ikue

そんなに簡単に連絡先削除していいの?

A子
友達

その場だけで繋がったり、無理して一緒にいないといけない人って結局ずっと仲良くしたい人じゃないんだよね

ikue
ikue

(なるほど!確かにそうだな)

自分がこれからも仲良くしたい訳ではないけどアドレスを知ってる・会社の付き合いで連絡を交換したけど3年以上連絡をしていないなどのデータはありませんか?

一度、これからも付き合いたい人は誰なのかな??と確認してみるのも良いですよ。

気付いたこと8:自分の本音が見えてくる

人間関係の断捨離をするということは誰と繋がっていたいか、今の自分にとってどんな人が大切かを考える機会にもなります

削除する方に目が行ってしまいがちですが、誰と仲良くしていきたいかを考えるタイミングにもなりますよね。

もしかしたら友達リストを見ている間に、久しぶりに会いたい人の名前を見つけることだってあります。

LINEのグループを整理していると、「あっ、久しぶりに○○さんと話したいな~」と思ってコンタクトを取ることもあり、交友関係を再度深める良いチャンスになりました。

気付いたこと9:自分の時間を大切にできるようになる

人が1日に携帯を触っている時間はどのくらいでしょうか。

スマートフォンの利用は平均2時間以上3時間未満というデータ※があります。もし、社会人であれば、就業時間8時間、睡眠時間6時間、通勤時間・・・など考えると、結構な時間を占めると感じませんか。

もし、1日2時間使用したら、1か月60時間、3時間の場合は90時間スマホと向き合っていることになりますね。

携帯を触っている時間連絡先を知っている人が多いということは、それだけたくさんの人から連絡が入ることになります。

中にはグループ連絡だったりお知らせだったりなんてことありませんか。

注意深く連絡を見ていなかったとしても、気になったり、確認したりする時間って、集めると結構な時間になるしら何より注意がそれるので物事に集中できなくなりますよね。

もし、その連絡が無かったら…

自分が好きな時間として使うことができますよね。

オンライン上の人間関係の断捨離をしていた友達が「広告とか不要な連絡に気を取られるのもったいないんだよね」と言っていた言葉が印象に残っています。

無理にグループや友達関係を避けることはありませんが、例えば1日携帯の電源をオフにするなど離れてみて自分の時間だけと向き合ってみると、どれだけ連絡に時間がとられているか気付けますよ。

それから、自分の時間を使っても連絡をし続けたい人を選ぶのもオススメです。

※MMD研究所「2019年版:スマートフォン利用者実態調査」より

気付いたこと10:連絡がスムーズになった

人間関係の断捨離をすると、当たり前ですがコンタクトをとるリストが減りますよね。

今までたくさん居過ぎたコンタクトリストが整理されると、誰がいるか分かりやすくなるので、必然的に限られた人との連絡しかなくなりスムーズにやり取りをすることが可能になります。

断捨離をした友人も

「不要な勧誘とか案内に埋もれてしまっていたメッセージをゆっくり確認できるようになった」

と言っていました。

大切な人との時間を作るためにも断捨離は効果的なんですね。

【計画的的な断捨離の気付き】

6:新しいスペースができる

7:無理した関係は長続きしない

8:自分の本音が見えてくる

9:自分の時間を大切にできるようになる

10:連絡がスムーズになった

人間関係は勝手に整理されていく~ここ5年で人間関係が変わった私の話~

整理

人生には振り返るといくつかの節目がありますよね。

例えば
・入学
・卒業
・入社
・転職
・転校
・結婚
・出産
・離婚
などなど

中学生や高校生の時を思いだすと、ほぼ毎日会っていて「一生親友!」と思って仲良くしていた友人と卒業してお互いの新しい環境になったら年に1回会うか会わないかになった、なんて経験誰にでもあるのではないでしょうか。

きっと特に仲が悪くなったわけではなくて、今でも大切な友達なことには変わりないはずですが、その時に自分の置かれた自分の状況で周りの交友関係は大きく変わってきますよね。

これは自分の意図しない形ではありますが、人間関係の断捨離をしているのに近い状態です。

私も、転職を繰り返し、今は「自分の好きなことをして働く」と決めて4年経ちますが、働き方を変えたら交友関係が自然に大きく変化していきました。

人間関係は自分の置かれている環境変化にもよって起こるので、自分がどうなりたいか・どんな人と付き合いたいかを明確にして、自分の環境を変えることが交友関係の変化となり、自然と人間関係の断捨離が行われていることもあります。

ここでは、誰しも経験したことのある環境の変化や状況を変えたことによって起こる人間関係の断捨離によってどうなるのか、また強制的に自分を変えようと環境を変えたことで周りの人間関係も変わるのでは!?と感じたのでご紹介します。

実は、皆さんも知らない間に人間関係の断捨離を指定かも知れませんよ。ぜひ、ご自身のライフステージの変化でどうだったか、思い出しながら読んでみてくださいね。

気付いたこと11:自分の置かれている環境が変わると周囲も自然に変わる

特に断捨離をしようと思ったわけではないですが、「会社勤め→フリーランス」という働き方に変えて、交友関係が大きく変わりました。

卒業や入学、習い事を始めるなど何か新しく動き出したことで、関わる人が大きく変わった経験ってありますよね。

私も、今まで会社関係で繋がった上司・先輩・取引先・同期・後輩などの交友関係がとても多かったのですが、今は気付くと周りには自分の好きなことで生きている人が多くなりました。

ご自身の日常で一番会っている人や、属しているコミュニティ・働いている会社の仲間など、時間に比例して一緒に居る人が変わることってありますよね。

今いるコミュニティや仲間との時間を楽しんでいますか?

私は、フリーランスという働きからを選んだせいもあるのか、ここまでがプライベートの友人・ここからは仕事!という垣根がなくなり、ステキだな~と思う人と一緒にいる選択をできるようになったことが、とても大きな変化です。

楽しんでいる人も、そうでない人も、今いる場所は自分自身の選択で選んだ場所です。この学校に行こうと決めたのも、この会社で働こう、この友達と付き合おうと決めたのもあなた自身ですよね。

もし、「周りに尊敬できる人がいない」「一緒にいて落ち着く人がいない」と思っている人は、改めてどこに行きたいかを考え環境を変えることで、自然と人間関係の断捨離ができ周囲も変わるんですよ。

もし、人間関係を変えたいな・・・と思っていたら、今いる団体やコミュニティを見直してみるのも方法です。

気付いたこと12:損得で考えていると自然に友達リストから消えている

連絡をこれからも取り続けるかどうか悩む人のなかに、損得勘定を考えてしまう人っていませんか。

私の場合、取引先の方や上司とのコミュニケーションはプライベートでは避けたかったのですが、どうしても自分から消すことができませんでした。

みなさんも「会社の関係者だからこの人と繋がっておかないと」「一緒に居ると自分も凄い人に見られる」「いつも向こうの都合のいい時にしか連絡が来ないんだよね」など、仕事ならいいけどプライベートで連絡を取るのは少し控えたいかな~なんて人もいるのではないでしょうか。

もちろん必要な事もありますが、自分のコミュニティを変えたことで、必然的に連絡をとる理由が無くなり、関係が薄れていきました。

実は、環境を変えることは自動的に人間関係の断捨離を選択しているのと同じなんですよ。環境を変えても繋がっている友達は損得勘定なく付き合っていきたい人です。環境の変化で誰を大事に思っているか気が付くことができますよ

気付いたこと13:新しい出会いに積極的になれる

入学や入社、転職、退職などで環境が強制的に変わると、今まで当り前に会っていた人と会えなくなりますよね。

毎日学校で一緒に生活していた同級生との別れが寂しくて泣いた経験をしても、次の新天地に行けばその環境に慣れるのに必死だったり、新しい仲間・友人を作りたくなりませんか。

私は、会社を辞めてしばらくは1人でのんびりとした生活を楽しんでいましたが、ふっと「誰かに会いたいな~」と思った時、働き方の違いで、今まで一緒に働いていた人達と会う機会もタイミングも話す内容も全くと言っていいほど合わなくなってしまいました。

1人もいいけど、やっぱり「誰かと一緒に感情を分かち合いたい!」という感情がフツフツと沸いてきて、自分と同じようにフリーランスで生きている友達を作るために積極的に動くようになりました。

そうやっていると数年後、気が付けば、企業で働いていた時とは違う人間関係を作っていたのです。

たぶん、これを読んでいる人の中にもライフステージの変化や、自分で何かを始めた事がキッカケで気がついたら、交流関係が変わっていた何てことはありませんか。

思い切って携帯などのデータにあるアドレスなどを削除しなくても、自分の行動次第で人間関係を変える断捨離を行うこともできるんですよ。

もし、新しい友達を作りたいと思ったら、今の環境を180°変えてみるというのも1つの方法です。

【環境変化による断捨離の気付き】

11:自分の置かれている環境が変わると周囲も自然に変わる

12:損得で考えていると自然に友達リストから消えている

13:新しい出会いに積極的になれる

人間関係の断捨離して見えてきたもの

のぞく

人間関係の断捨離をすることを必ずしもオススメしている訳ではありませんが、意図的とは別に交友関係やライフステージの変化で人間関係の断捨離をしていることがあります

一緒にいる仲間や家族、友達や働くメンバーと過ごす時間によって、グチが多くなるのか、無いものにフォーカスしてしまうのか、または喜びが分かち合えたり、お互いを高め合えるのか…など生きていく上で何を感じれるか変わってきますよね。

断捨離をまずイメージすることで、自分がどういう仲間と生きていきたいか考えるキッカケにしてみてください。

そして、最後まで読んでくださったあなたの毎日が大切なモノで溢れるますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました