他人と関わりたくない人が人付き合いを気楽にする考え方

他人と関わりたくない人が人付き合いを気楽にする考え方

ライター:ゆか

人と接しているうちに疲れてしまい「他人と関わりたくない」と感じるときがありますよね。

生きていれば周りの人に助けられることもありますが、一方で気を遣ってしまったり、嫌な出来事があって、人付き合いがストレスになることもあるのではないでしょうか。

とはいっても、大人になればなるほど交友関係が広がっていき、付き合いが増えるので、「嫌いだから離れよう」、「なんか疲れるから人付き合いはしないようにしている」と簡単に割り切れないケースもあります。

もちろん、生きていれば人付き合いが辛くなる時もありますし、離れるべき時はなるべく距離を置いて関わらないことも大切です。ですが、それと同時にどう行動すると人付き合いがより円滑にいくか知っておくと、心がもっと楽になります

今回の記事では、どんな時に他人と関わりたくなくなるのかや、他人ともっと気楽に付き合っていくためのコツをお伝えします。

他人と関わりたくない時って?

1人でいる
他人と関わりたくない時は誰でもあることですが、具体的にどんなタイミングでそう思ってしまうのか見ていきましょう。

「他人と関わりたくない」と感じてしまうその要因は、主に2つあります。

1つ目は「自分の気持ちの余裕がない時」、2つ目は「他人の行動が知らず知らずのうちにストレスになっている時」です。

1つ目の「自分の気持ちに余裕がない時」は、仕事やプライベートで嫌なことがあり、自分に自信が持てない時や卑屈になってしまっている時、ストレスを抱えている時などが挙げられます。

仕事や家庭で忙しいときなど、知らぬうちに心の余裕がなくなってしまっていることもありますよね。

2つ目の「他人の行動が知らず知らずのうちにストレスになっている時」というのは、実際に人と関わっていく中で、他人の発言や行動が自分でも気が付かないうちにストレスになってしまい、人付き合いが嫌になってしまうケースです。

2つ目のパターンは、現在社会に広く浸透しているSNSを通じて感じることも多いです。

この記事をご覧になっている方の中には「SNSでのやり取りや他人の投稿を見て、疲れてしまう」という方も多いのではないでしょうか。

SNSなどはこちらが望んでいなくても、知らなくて良い情報が目に留まることもあります。自分にとって必要ではない情報に接していくうちに、どんどんストレスが溜まってしまうことも、ネット社会だからこそ多く見られる傾向です。

ゆか
ゆか

人と関わりたくない理由は「気持ちの余裕」「他の人との関わり方」があるんですね

なんで他人と関わりたくないか考えよう

考える
他人と関わりたくない時は分かりましたが、そもそもなぜこれらの要因で人付き合いがしたくないという心理が生まれるのでしょうか。
細かい理由をここから解説していきます。

ストレスから自分を守るため

例えば、職場や学校で人間関係がこじれた場合、そのストレスに耐え続けるのはとても辛いですよね。

状況によっては、辛いけど我慢して人と付き合わなければと思ってしまうこともあるかもしれませんが、我慢ばかりしていると、ストレスが溜まってうつ病になってしまうかもしれません。

このようなストレスから身を守るために、私たち人間は自分を守る「防衛本能」を持っています。

「他人と関わりたくない」と思うのは人間関係がきっかけでストレスが溜まっていて、そのストレスから自分を守るために、自然と湧き出てくる感情なのです。

こういった状況で人付き合いに苦手意識を持っている場合、まずは自分のストレスの原因を見極めていくことが大切です。ストレスが大きいならその環境から離れてみたり、習慣的にストレスを感じることが多いなら、日頃からスポーツをしたり、趣味を充実させるなどのストレス解消法を実践して、自分の心を軽くしていきましょう。

元々繊細な気質で、人と付き合うと疲れてしまう

当たり前ですが、その人によって性格はバラバラです。大雑把で細かいことを気にしない人もいれば、中にはちょっとしたことがストレスに感じてしまう繊細な人もいます。

このようなタイプの方の中には、自分のことを「ちょっとしたことで傷付いてしまって、人と距離を置きたくなるなんて、自分は弱い人間だ」と繊細ゆえに余計に悩んでしまい、人と必要以上に距離を取ってしまうことあるのではないでしょうか。

人間関係で傷つくたびに「繊細=短所」と考えてしまうかも知れませんが、繊細なことは長所でもあります。

人の気持ちに気付くことができるので他人を思いやったり、芸術的なことや自分を表現できることに長けている方も多いです。

自分が繊細だと思っている方は、文章や絵、音楽など何でも良いので、自分が好きなことをはじめて、自分を表現してみてください。

自分の気持ちを表に出すことで、自分のことを好きになってくれる人も増えますし、自分にも自信が持てるようになりますよ。

元々人付き合いが苦手~1人でいることが好きなタイプ~

中には、小さなころからずっと人付き合いが苦手な方もいます。

そういった場合、飲み会や何かの集まりなどの誘いがあっても、何となく気が乗らないこともあるでしょう。

元々人付き合いが苦手な方の中には、1人で何かに没頭しているのが好きだったり、小さい時の人間関係がトラウマになっていることも多いです。そうなると、無意識に人と距離を取ってしまったり、人に深く関わらないように行動してしまうことも。

「人付き合いは苦手だけど、大切な人とはもっとうまく付き合いたい」と思っているなら、まずは自分が大切だと思う人と1対1で会って話をしてみてください。

信頼できる人が増えれば、自然と自分も心を開いて接することができるようになりますよ。「この人は信用できる」と思ったら、人にはなかなか言えない悩みや、相談を打ち明けてみるのも良いでしょう。

人間関係はいきなり作るものではなく、時間をかけてゆっくり作るもの。まずは自分が信頼できるひとりの人から大切にしてみてください。

・ストレスから自分を守るため

・元々繊細な気質で、人と付き合うと疲れてしまう

・元々人付き合いが苦手~1人でいることが好きなタイプ~

他人と上手く対応していくためのコツ

話合い
ご紹介したように、ストレスが溜まっていたり、元々繊細な方は人間関係で疲れてしまいがちですが、この感情は自分の心をストレスから守るためなので、悪いことではありません。

それでもできることなら、楽しく人間関係を築いていきたいですよね。

ここからは、よりストレスを感じずに、楽しく人付き合いをしていくためのコツをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください!

コツ①まずは一人の時間を大切にする

人付き合いが苦手な方は、他人と過ごす時間が多すぎているのかもしれません。人は自分の時間がなくなればなくなるほど、ストレスを感じてしまうもの。

仕事やプライベートで忙しい時期だと難しいかもしれませんが、休日は誰にも会わないで、本を読んだり、音楽を聴くといった時間も大切にするようにしましょう。

一人の時間を大切にする時におすすめなのは、瞑想をしたり日記をつけたりなど、自分の心と向き合う時間を作ることです。「この時、こんなことを思った」、「こんな時が辛かった」といった内容を書いていくだけで、気持ちがスッと軽くなります。

ゆか
ゆか

自分の内面を知ることで、次第に心が落ち着いて周りの人たちを大切にできるようになりますよ

コツ②SNSから離れてみる

現在は、TwitterやInstagram、Facebookなど、多くのSNSがあります。

SNSでは頻繁に交流しているけれど、直接の人付き合いは以前より少なくなくなってしまった…。そんな方も多いのではないでしょうか。

ご紹介した通り、SNSは多くの情報が溢れているので、それを見て疲れてしまうことも多いです。「あの人の投稿には『いいね!』しているのに、私の投稿には全然反応してくれない」といったSNSならではの悩みやストレスもあります。そんなことが重なると、余計に人との関わりを制限したいと思ってしまいますよね。

そんな時はSNSから離れてみるのもおすすめです。

1日に何回もSNSをチェックしている方は、1時間以内、30分、10分と見る時間を段階的に減らしていきましょう。

SNSがストレスになっている方は、スマホに入っているアプリ自体を消してみるのも効果的ですし、通知オフするだけで、仕事や好きなことに集中できるというメリットもあります。ぜひ試してみてくださいね♪

コツ③苦手な人の良いところを考えてみる~共感できるところを探す~

仲良し
他人と関わりたくない時は、他人の嫌なところが目に入ってしまっていることも多いはず。

人は一度「この人のここが嫌い」と思うと、同じような部分ばかり目に付いてしまうことも多いです。

例えば「車が欲しい時、車のCMばかり目に入ってしまう」といったこと、ありませんか。心理的にはこれと同じ状況です。

そんな時、油断しているとその人の嫌なところばかり気になってしまい、より距離を置きたいと思ってしまうことも。そうならないために一度視点を変えてみましょう。

おすすめなのは、苦手だと思っている人の良いところを考えること。一度その人の良いところを知れば、少しずつ関係が良くなることもあります。

それか、ふだんは当たり障りのない話だけしてるなら、その人の人生観などが分かるような深い話をしてみるのもオススメです。

ゆか
ゆか

相手に共感ポイントなどを見つけられると苦手意識が減りますよ

コツ④「なぜこの人が苦手意識があるのか?」を客観的に考える

他人と関わりたくない時は、特定に人に対して苦手意識を持っているのではないでしょうか。そんな時は「自分はなぜこの人のことが苦手なのか?」を冷静に分析してみてください。

ポイントは、「いつ、どんなきっかけでその人のことが苦手だと思ったのか」を明確にすること。今苦手だと思っている他人も、振り返って考えればきっかけはちょっとした態度だったり、ある一言がキツいと感じたからかもしれません。

苦手意識を持つようになった「きっかけ」をまずは思い出すことで、その人に抱えている苦手意識の原因をより意識できるようになります。

原因が分かったら、今度はその人からしてもらった嬉しかったことを思い出してみましょう。これは「挨拶はちゃんとしてくれる」とか、「メールの返信がいつも早い」など、些細なことでも構いません。

良いところを思い浮かぶことができたら、今まで「この人は冷たい人だ」と思っていたとしても、「この人は冷たい人だけど、明るく挨拶してくれる時もある」と思えるようになるかもしれません。

他人とネガティブなレッテルで決めつけてしまう前に、なぜその人が苦手なのか、その原因から考えていきましょう。

コツ⑤必要以上に関わらないことも大切

「最近人と話すことが多くて疲れてしまう」、「苦手な人だけどうまく付き合わなければ」普段からこのように気を張り詰めてしまいがちな方は、自分のキャパシティ以上に他人と接しているのかもしれません。

仕事だとなかなか難しいかもしれませんが、気持ちが疲れている時は飲み会の誘いがあっても断る、集まりの場所にはあまり行かないようにするなど、できる範囲で人との関わりを抑えてみてください。

最初に断るのは勇気がいるかも知れませんが、何回か断っていると「飲み会に来ない人」と認識されるので、苦手な飲み会に参加しなくて良くなることもあります。

また、人付き合いが苦手だと思っている方の中には、人と連絡を取り合うのがストレスになっている方も多いはず。そんな時はLINEの通知が鳴ると、内容が気になってしまったり、「早く返信しないと」と思ってしまいますよね。

この場合もSNSと同様、通知をオフにしたり、思い切ってスマホの電源を半日オフにしてみたりなど、少しの時間人との関わりを休んでみるのもおすすめですよ♪

ゆか
ゆか

色んな方法を試す中で自分にとっての心地よい距離感が分かってくるので、体調や気持ちが前向きな時・そうでない時の関わり方を把握できると気持ちがもっと楽になります

コツ⑥相手が苦手だと思う自分を受け入れてみる

人付き合いがうまくできない自分に嫌気が差してしまったり、「なんでこんなに他人と関わりたくないんだろう」と自分がうまく対応できないことを心のどこかで責めていないでしょうか。

ですが、それは誰しもが時として思う感情で、自分がだめということではありません。

まずは「人と関わりたくない」、「この人のことが嫌い」、「こんな発言が許せない」そう思う自分を受け入れてみましょう

誰かを否定的に考えている自分を否定したり、無理に感情を押し殺そうとしてしまうと、余計に相手がきになってしまったり、自分に嫌気がさしてしまうこともあります。

「人との関わりが苦手」そう思ったら一度はネガティブになってしまうかもしれませんが、「大丈夫、ちょっと休めばまた話せる」や「嫌いでもいい、無理に関わることないよ」と自分自身に声をかけてあげてください。

人と関わるうえで大切なのは自分の心の在り方です。

そして、自分の心を一番わかってあげられるのは自分自身。友達の相談に乗っているような感覚で、自分の心と対話してみてくださいね。

自分の気持ちを受け止めて整理していくと、意外にも以前ほど相手への苦手意識がなくなったり、付き合いが楽になることもあります。

・まずは一人の時間を大切にする
・SNSから離れてみる
・苦手な人の良いところを考えてみる
・「なぜ苦手意識があるのか」を客観的に考える
・必要以上に関わらないことも大切
・相手が苦手だと思う自分を受け入れてみる

まとめ

友達
他人と関わりたくない感情が沸き起こるのは、

・自分の気持ちに余裕がない時
・他人の行動が知らないうちにストレスになっている時

の2つです。

こういった気持ちを持つのはもちろん悪いことではありません。まずはこういったありのままの自分の感情を受け入れてみることから始めてみましょう。

それから「もっと人付き合いを気楽にしたい」と思うなら、まずは自分の内面をリラックスさせる工夫をしてみたり、相手の良いところを探してみたり、SNSや人との関わりを工夫してみると「他人と関わりたくない」という衝動から解放されますよ。

他人と関わりたくないことは悪い事ではなく、言い換えると自分の時間を大切にしたいという潜在的なメッセージなこともあります。周りの人との心地よい距離感を見つけて素敵な毎日を過ごしてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました