努力は裏切らないのに何故むくわれない?結果を出すために必要な方法

努力は裏切らないのに何故むくわれない?結果を出すために必要な方法

ライター:いくえ

夢に向かって努力はしているけどなかなか願いが叶わない、頑張っているのに成果が感じられないと実感することってありますよね。

小さいころ「努力は絶対にむくわれる」「努力は裏切らない」と周りの大人から言われた人も多いと思いますが、大人になるにつれ「あれは自分を勉強させるための言葉だったんだ」「努力は裏切らないという状況になるのは一握りの人」と考えが変わり、できる範囲のことを出来るだけ対応するように変わってくるのが一般的です。

ただ、大人になって「努力すれば夢は叶うよ」と行動してきた人や、自分の夢を叶えてきた人がいるのも事実です。

同じように「努力は裏切らない」と信じて行動してきた時期があるのに、なぜ両者はこんなにも「努力」に対する結果に印象が違うのでしょうか

そこで、なぜ行動をしているのに「努力は裏切らない」と実感している人とそうでない人がいるのか、結果を出すために必要な努力とは一体何なのか、実際に夢を叶えた人や、努力は裏切らないと信じている人の行動と考え方を紹介させていただきます。

努力は裏切らないと思って頑張っていても、なかなか結果が出ない人はぜひ最後まで読んでみてください。

努力って一体何なのか?

登る
まずは努力という言葉の定義について一緒に考えて行きましょう。

努力とは、自分の夢や希望のために力を尽くすということです。ポイントは、ただ力を尽くすだけではなく、辛いことがあったり、くじけそうになったりしても、諦めずに頑張り続けてるということを努力と呼ぶのです。

自分で「頑張ったな」「努力したな~」と思っていても、周りが同じように評価するとは限りませんし、「結果を出した=努力」ではなく、「結果を出せなかったけど成長した=努力」になることもあります

周りから評価されない努力は、学校の勉強をしているのに思うように成績に反映していなかったり、親などに「もっと勉強しなさい」と言われてしまうのを想像すると分かりやすいかも知れません。

また、結果を出さなかった努力は、受験勉強で失敗してしまっても、今まで勉強していなかった人が頑張って行動した過程や、その後悔しさをバネにその後勉強した行動も「努力」と見ることもあります。

ikue
ikue

努力とは自分の目標や夢のために積み重ねる頑張りだけど、自分だけでなく周りが認めて初めて「努力をした」という状態になるんですね

努力は自分目線、他社目線があり、評価されるのもタイミングもある

「努力は裏切らない」でも、実感できないのはなぜか

悩む
よく、「努力は裏切らない」と言われますが、頑張っているのに成果を感じられないとこの言葉を信じられなと感じている人もいますよね。

そんな人はもしかしたら、努力の仕方や考え方が違っているのかも知れません。一緒に理由を探してみましょう。

努力を時間計算している

努力しても「結果が出ていない」と感じる人は、努力を時間計算してしまっている可能性があります。

「勉強をあんなに頑張ったのに成果が出なかった・・・」なんて経験ありますよね。

頑張って机に向かっていた時間や日数は確かに努力していた事を否定はしませんが、全部の時間を集中して成果につながる頑張りができていたか。と聞かれると「はい」と自信を持って答えられる人は少ないのではないでしょうか。

もちろん、積み重ねてきた目標への時間は大切ですし、大きなゴールに向かって結果を出すにはそれなりの時間を使わなけれはいけないことが多いです。

でも、努力に成果・結果を求めている受験などの場合は、頑張った時間ではなく、限られた時間の中でどれだけ効率よく自分に合った勉強方法をし、成績を上げていくか・テストでいい点数をとり合格できるかが大切です。

結果を出している人は、限られた時間のなかでどれだけ成果を出せるか、今の自分に足りないものは何かも考えています

結果を出すための行動も大切ですが、何にどれだけの時間を使うか考えて行動してみるのも大切ですよ。

夢を叶えているのに気がついていない

努力してもなかなかなりたい自分に近づけていない・・・と感じる人の中には、実はもう自分の夢は叶っており、更にその先の夢に向かって走り続けているために、成果を感じられず「努力は裏切らないなんてウソだ・・・」と感じている人もいます。

小学生のころ親に「クラスで何でもいいから1番になろう」と言われて、走る練習をして、かけっこで1番になったことがあります。でも親は「かけっこも凄いけど、勉強で1番の方が良いよね」と言って、今度は勉強で頑張ることになりました。

ところが、なかなか成果は出せず、頑張っているのに結果がでない自分に悲しくなった経験があります。

しかし、よく考えるとこの状態は、「かけっこで1番になる」夢は叶っていて、夢が他に移ってしまったので、そのことに気がつかず、叶わない夢に目を向けている状態です。

子供のころは親や先生の考えで気がつかない事が多いですが、大人になってからも、周りの視線や自分のプライド、日々の忙しさで目的を見失ってしまうことがあります。

また、叶った夢にその時は「嬉しい」と感じても、人間は貪欲なので「もっと○○したい」と次の夢に向かって走って行くため、願いが小さいと、努力が報われた瞬間を見落としてしまうこともあるのです。

もしかしたら、あなたの努力は実を結んでいて、気がついていないだけかも知れませんよ。

夢を叶えるために必要な努力とは?


では、自分の夢を叶えるため、自分がしている努力は裏切らないと感じるためには一体どのような対応や心構えが必要になるのでしょうか、見ていきましょう。

努力するのは誰のためか確認~ライバルは自分~

努力を続けていると、成果がなかなかでないことで目標や目的が見えなくなって、周りからの評価に目がいってしまうことってありますよね。

また必要以上に他人からの目線を気にして「○○より成功してやる!」「本当は好きでもないけど、やると言った手前対応しないと・・・」と自分の夢を叶えるという視点からズレてしまった考えになっていた・・・なんて状態になっていませんか。

しかし、達成したい目標は誰かのためだったり、ライバルに勝つためでもあるけど、本心は自分の満足感や達成感などが出発点であるはずです。

まず、自分の夢を叶えるためには、自分がどうしたいのかをシッカリ認識をする。時に、切磋琢磨できるライバルは大切な存在ですが、その人よりいい成績を出すことが目的なのではなく、自分の夢を実現することが大切です。

他者のために何かすることもステキですが、まずは他の誰でもない自分のためを思いっきり行動してみてくださいね。ただし、いくら自分のためとは言っても利己的過ぎにならないように注意は必要ですよ。

周りの目が気になってしまう人は「変わり者が教える成功方法」を読んでみてください。

自分の夢や願いが叶うまで続けてみる

努力してもなかなか自分の成長を感じない時「もうダメだ」と途中で諦めたり、できない理由や、自分に対して言い訳を探してしまうことがありますよね。

以前、自分の願いをたくさん叶えていて、誰が見ても努力し成果を出している人に相談したことがあります。

ikue
ikue

頑張っても上手くいかないんですよね。どうしたらやりことができるようになりますか?

男性

そんなの簡単だよ。叶うまで行動し続けて諦めないんだよ

男性

まぁ、それが一番大変なんだけどね(笑)

ikue
ikue

(確かに・・・。)

とてもシンプルな考えですが、「努力しても成果が出ない」「努力は裏切らないなんてウソだ」と言っている人は結果を出さないで終わらせている人がほとんどです。逆に、成果を出した人の話を聞くと、「よくそこまで対応したな~」と感じる場面がいくつも出てきます。

結果を出す!と決めたのなら叶うまで行動してみるのもアリですよ。叶えたい夢が大きいほど結果が出るまでに時間がかかり、労力も必要である場合が多いです。

努力している人たちの継続方法が気になる方はこちらの記事を読んでみてくださいね。

夢への努力が正しいか定期的に見直してみる

夢を叶えるためには、定期的に自分が何のためにどう行動していて、成果が出ているのかを確認すると、状況整理がしやすいですよ。

努力をして結果を出している人とそうでない人の大きな違いは、

・自分のしたい事や目標を明確にしている

・その為に必要な努力を理解している

・その分野での自分のレベルも客観的に見れる

かどうかです。

自分の叶えたい目標が本当に実現できるのか、それだけの努力をしているのか、その対応の仕方は正しいのか、その分野で今どのくらいにいるのかを知っているかは大切なポイントです。

もし、魚が「見たことのない景色を見る為に陸を走りたい!」と思っても現実は難しく、それより、得意な泳ぎを使って見たことのない景色を見る為に他の海に行く。その為に川を誰よりも早く泳げるようになろう!と考える方が現実的ですよね。

私たちも自分の得意なことや特性を知れば、どう対応すればいいのか、夢を叶えるルートは1つだけではないことが分かります。

努力が報われていないな・・・と感じる人は、正しい方向で努力をしているかな!?と見直してみるのも良いですよ。

努力を成果に結び付けられている人にはどんな特徴があるのか

繋がる

ここでは実際に「努力は裏切らない」と公言し、成果を出している人はどんな行動や考え方をしているのか、特徴をまとめてみたので、紹介していきます。

自分だけの力でどうにかしようとしていない

何かを行う時に、周りの力を借りずに自分だけでやらないと意味がない・成果が出ても自分の努力だと言えないと考えてしまう事ってないでしょうか。

何かの成果を出したり、夢を叶え続けている人は、自分のできることや得意なことを知っており、不得意な分野においては得意な人に任せたり、誰かを巻き込んで対応していくことで結果を出そうとしています。

自分で少しずつ対応していくのを喜びとしていれば1人で対応しているのも良いですが、結果や時間を重視している場合は、自分の苦手なことは得意な人にお願いをするのが得策かも知れませんよ。

ただ、成果に結び付けている人は、自分の苦手な分野であっても100%任せっきりにするのではなく、問題があった時に話し合えるように知識があったり、1回経験してみることで作業の内容を把握しています。

そして、何より大切なのは、周りに感謝をすることを忘れないことです。1人ではできないからこそ相手へのリスペクトを忘れず、ちゃんとその気持ちを伝えることで好循環を生みだしています。

周りから見た「努力」が習慣になっている

努力ができる人というのは、努力が習慣になっていて、周りから見ていると「努力」であっても、本人は「努力をしている」と意識していません

「努力」が当たり前になるのは2パターンあって、

・自分で意識し、習慣化した
・大好きで習慣になっていた

とがあります。

自分の意思で習慣にする方法は、例えば子供のころ親に「歯を磨きなさい」「手を洗いなさい」と注意されていても、大人になると当たり前に対応しているように、目標のために必要な仕事や対応は自分の生活の一部にしてしまうのです。

好きなことの場合は、それ自体が自分にとっての楽しみになっているので特に苦労を感じることは少ないです。

私は会社でお客さんとお金をすり合わせる精算の作業が好きでしたが、苦手な人から見ると細かい数字を見るのは苦手でしょうし、逆に知らない人にモノを売ったり宣伝するのが苦手なので飛び込み営業などをしている人を見ると心から尊敬していました。

もし、叶えたい夢があり、そのために「努力」をしていると感じている場合は、自分の得意なことを生かしてみたり、対応することを当たり前にしてみると夢がグッと近づきます

さらに、当たり前の状態のレベルが上がっている状態でする頑張りこそが成果に結び付き「努力は裏切らない」と心から感じるかも知れませんね。

好きを極めて自分の人生を切り開いた記事もあります。興味がある方はどうぞ。

行動力が凄まじい~悩むなら動いてみよう~

努力により夢を叶えた人の話を聞くと、その時の行動力は驚くものがほとんどです。

例えば、

ずっと憧れていたクリエイターの人と仕事がしたくて、イベントなどに参加し、数年後仕事のパートナーになることができた
世界で活躍できる人になりたくて、大学を辞めてドバイのホテルで修業し、そのまま海外で自分の会社を作った
大学で吹奏楽を本気でやるために全国大会に連続出場している大学へ入学し、卒業後は小学校の先生になると決め、再度大学に入り直し小学校の先生になった

どれも私の学生時代に知り合った友人の話ですが、自分がどうしたいか目標があって、それに対して「悩んでいるんだったら試してみよう」「今できることをとりあえず行動しよう」というパワーがスゴいあります。

「特別な人だ」「私には難しいよ」と感じてしまうかも知れませんが、そんな事はないんですよ。

なぜかというと、確かに普段から「悩むより行動・チャレンジ」という気持ちがある人たちですが、大切なのは、自分が必要な時・大切な場面でちゃんと行動する力を使うことができているので成果に繋げられているのです。

もし「これはどうしようかな・・・」と考えることが多いのであれば、心からイヤでなければとりあえず行動してみるのがオススメです。

行動して体験してみることで「自分に合っているのか否か」が分かりますし、行動したことで得られる経験や結果は必ずあるので、その努力は裏切らないと言えます。

努力は苦しいものである事を知っておくことが大切

休む
成果が出ないと頑張り続けるのが苦しくなり、何のために努力しているのか分からなくなってしまうことがあります。

何かしらの結果を出してきた人がそのことを振り返ると「すごく大変で苦しい時期もあって、振り返ると、本当に頑張ったなぁ~と思うこともある」「できれば二度と同じ大変さを味わいたくない」と話す人もいます。

ゴールが見えない道は長く感じますし、必要なことだと分かっていても望んだ成果が出ないと楽な道に進みたくなってしまうものです。

ただ、努力を成果に結ぶことができた人は同時に「同じことをしたくないとは思うけど、もし今0(ゼロ)の状況になっても、成果を出せる自信はあるよ」とも話してくれました。

そう思えるのは、やはり頑張ることの大変さを成果を出せた経験からくる自信と、対応してきた努力は裏切らないことを知っているからだと感じました。

なんでも始める最初の1歩・努力したことが結果に出てきたと感じられるのが一番大変です。

大きく重いボールを動かすのは苦労するけど、動き始めたらあとは転がるのと同じように、動き始めるまでは大変だ。と始めから思って取り組むことも必要です。

因みに、努力は楽なことではないですし、今までの自分を超えるためには大きな試練もあるかも知れませんが、対応していく中で「昨日より今日はこれができた」など自分で楽しみを見つけたり、仲間とリフレッシュしながらイヤにならないように楽しむことも大切ですよ。

自分の心と体を鍛えて意識改革をしたい人はこちらの記事がオススメです!

まとめ

ひまわり畑
叶えたい夢や、憧れがあって、頑張っていれば努力は裏切らないですし、どのような形でも、必ず自分に経験や実績などメリットをもたらしてくれます

ただ残念ながら、努力をしても自分が思う通りに夢が叶わないこともあれば、なりたい自分になれないこともあります。そういう意味では、努力は必ずむくわれると言えないかも知れません。

大切なのは、自分がどうなりたくて何をしたらいいのかを知ることです。

そして、夢中になれるくらいの努力をすると、成果以上に自分の成長を感じたり、たくさんの信頼できる仲間と出会えることもあります。

今あなたが目指していることの頑張りがいつか実になり花を咲かせ、「やっぱい努力は裏切らない!」と胸を張って言っていることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました