webライティング初心者が伝わる文章を書く練習とポイントを解説
コピーライティング

webライティング初心者が伝わる文章を書く練習とポイントを解説

副業という選択が当たり前になってきたことで「今働いている仕事以外に、新しい収入の柱を作る」という考え方が広がってきました。

そんな人の中で比較的時間の自由があり簡単に始められる「webライター」を副業に選ぶ人が増えています。

でも、実際に始めてみると

「なんだか上手く書けていない気がする」
「もっと書けるようになりたいけど、何をしたらいいのか・・・」

など、文章は書けるとけど、仕事として最初の一歩が踏み出せない人が多いです。

そんな、webライティング初心者が文章を書く練習をして相手に伝わる文章を書くにはどうしたらいいのでしょうか。

そこで、webライティングを始めたばかりの初心者の方に向けて伝わる文章を書く練習の方法と、そのステップを解説していきます。

今までwebライターとして記事を書いてきた経験と、初心者にライティングを教える時にいつも伝えている「知っておいて欲しい大切なこと」をまとめたので、ライティングを始めたい人や、文章が読まれない・・・と感じている人は最後まで読んでみてくださいね。

伝わる文章とは何か!?

伝わる文章

まず、webライティングを始める前に「伝わる文章」とは何か!?を考えてみましょう。

ikue
ikue

文章を書いたからには、それが読んで欲しい人に届かないと、残念ながらせっかく書いた文章も意味がなくなってしまいますよね

相手に伝わる文章とは、

①相手にその文章で自分が伝えたいメッセージが伝わること

書いた内容の認識が、書き手と読み手で一致することが大切です。さらに、

②読んだ相手に望んだ行動をしてもらうこと

この②は意外に見落とされてしまうことが多いのですが、文章を書くということは自分が何か相手に望んでいることがあって文字にしています

感情が強い場合は「共感して欲しい」「読んでいる人に元気になって欲しい」「前向きに生きて欲しい」などで、分かりやすいのもだと「商品を買って欲しい」「メルマガに登録して欲しい」などのゴールがあります。

webライティングの初心者がしてしまいがちなのが、「上手く書こうとしてしまうこと」です。文章を書く練習をしているとついつい「この言葉の方がカッコいい」「詩的になる」など綺麗な言葉や、横文字を選んでしまう人もいますが、大切なのは相手に伝わる言葉を選べるかです。

書く時は、相手が理解しやすい言葉を選ぶことが「伝わる文章」を書けるようになる第一歩になります。

編集長の人

いくえ

いくえ

もっと楽しく生きたい。自由に自分らしく生きていていきたい!と思って大手金融企業のOLを辞めました。OL時代に培ってきた一般的な事務のスキルでも自由人として生きられる、を実践しています。今は平日人が少ないときに趣味の美術館やゴルフをするのが楽しみ。 この度はALIVE(アライブ)の編集長として、好きなことで生きている人たちの応援と、その秘訣を皆さんにお伝えできるよう日々楽しく勉強中です。

この人が書いた記事をもっと読む
ALIVE! 人生を楽しむためのポータルメディア
タイトルとURLをコピーしました