「仕事に疲れた」と感じてない?その理由と対応方法を教えるよ
人生にワクワクを

「仕事に疲れた」と感じてない?その理由と対応方法を教えるよ

オーサー

ふっとした瞬間に「最近なんだか仕事に疲れたなぁ」と感じることが増えたり、「仕事を辞めたいな〜」と考えるタイミングがありますよね。

世の中にはさまざまな仕事があり、自分とは異なる考えを持った人もいるので、周囲との摩擦からストレスなどを抱えてしまうと、「疲れた」と考えるキッカケになります。

「働かないといけないけど会社に行くのが辛い」と感じるのは逃避ではなく、心や体の不調を示す重要なシグナルでもあるので、見落としてしまうともっと辛い状況になってしまうこともあるのです。

ゆか
ゆか

頑張っている時は気がつかないけど、仕事が落ち着いたときに疲れが出ることもあるかも・・・

そんなとき、自分の気持ちを無視するのではなく適切に対処していく必要があります。

そこで、今回は仕事に疲れたと感じる理由と対応方法についてお伝えしていきます。

自分自身が何が仕事に疲れたと感じる原因を把握したり、どんなときに疲れを感じやすいかを知ることで、効果的な対策を取れて、明るい社会人生活を送れ流ようになりますよ。

仕事に「疲れた」「辞めたい」と思うのはどんな時?

疲れる

まず、仕事に疲れたと感じたり、辞めたいと思うタイミングをみていきましょう。

人間関係に問題がある場合

まず、「仕事が疲れた」「辞めたい」と考えてしまう原因として、上司や同僚、職場の人間関係が合わないことが考えられます。

仕事は1人では対応できないので、自分にとって苦手な人との仕事をすることもあれば、意思疎通が難しいチームで仕事をすることも起こります。そんな日々が続くとストレスがたまっていってしまいますよね。

他にも、上司から一方的に嫌われることで余計な小言を常にいわれたり、職場で冷遇された扱いを受けるたりするなど、パワハラとは言えないレベルでも、日々の積み重ねで精神的に辛くなることが考えられます。

ゆか
ゆか

職場の人間関係がよくないと、気持ちも暗くなってミスが増えてしまうことも考えられますよね

会社の規模や職種にもよりますが、可能であれば信頼できる人に相談をして転職をする前に社内でできる行動を考えてみるのも1つの方法ですよ。

会社との相性が悪い場合

働いている会社の働き方(タイムスケジュール)や社内のルールが合わないと疲れが出てしまいます。

周りに比べて勤めている会社がいわゆるブラック企業であったり、仕事量の割に給料が安いことなど周囲との格差を知ることで、働くことへの納得感がなくなり、不平不満が募っていく場合もあります。

お給料は少ないし、会社のルールは納得できないところもあるけど、

・休みがとりやすい
・仕事内容に満足している
・人間関係などがいい

自分の中の満足ポイントがあればいいですが、自分の中の優先順位が高いものが満たされないと、「辞めたい」「仕事に疲れた」という気持ちが強くなってしまいます

自分自身に疲れてしまう場合

「仕事が疲れた」と感じてしまう原因として、「自分」ということも考えられます。

・自分でイメージした通りに仕事ができない
・もっと成果が出るはずなのに
・行動したのに成果が出ていない

など、自分に過度な期待をしすぎて現実とのギャップに疲れてしまう場合があります。

自分を信じて期待をすることはいいですが、それが悪いプレッシャーになって自分を苦しめてしまっては意味がありませんよ。

ゆか
ゆか

最初から諦めたり、やる気がないよりは素敵ですよね。なので、結果ではなくできた行動の方で評価するようにするといいですね

都会から飛び出た人

ゆか

ゆか

大学卒業後、20代はEC運営会社でプランナーとWEBマーケティングを担当しました。 もともと「独立したい」という想いを持っていたことから、4年前に副業としてライターの仕事も開始。1〜2年経った頃にライターの知り合いから声をかけてもらい、会社を退社。 現在はフリーランスライターとして活動し、500本以上の執筆を担当しています。 独立した経験や趣味(友人との旅行やカフェ巡り)をテーマに、ALIVEで発信していきたいと思います♪

この人が書いた記事をもっと読む
ALIVE! 人生を楽しむためのポータルメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました