アイキャッチ美香
人生にワクワクを

人生を変えるのは今からできる!専業主婦が好きなことで起業した話

オーサー

「いい大学に入り、いい会社に入り、終身雇用で一生安泰」そんな言葉をひと昔前に聞いたことはないでしょうか。社会が激変する今となっては幻のような言葉ですよね。

さらにその時代、結婚したら女性は家庭に入り専業主婦になるという方も多くいました。それが1つのゴール、幸せの形だと思われていたこともあったのです。

しかし今は共働きも当たり前になり、男女ともに多様な働き方が求められています。幸せのかたちも人それぞれ。

さやか
さやか

とはいえ女性は、家庭や育児、介護などの様々なライフイベントで、いまだに生活や仕事が大きく左右されるのも事実ですよね。

そのような中で、自分の生き方やあり方について、また働き方も選択肢が増えたからこそ、どう働くのか悩む人も多いはず。

今回は結婚後に専業主婦となり、40代でイメージコンサルタントとして起業をされた、平田美香さんにインタビューをしてきました。

最近では様々な年代の方が起業を目指すことも増えてきたとはいえ、まだまだ身近にいる人で起業をしている方は少ないのが現状。

今回の美香さんのお話は、自分にはキャリアも得意なこともないと感じている人たちのロールモデルになるかもしれません。

自分らしい働き方を模索している方に、新しい一歩を踏み出すためのヒントが満載のお話を伺いました。ぜひ楽しんで読んで最後まで読んでみてくださいね。

大きな不満はないけれど、自分はこのままでいいのかな?と思う瞬間

美香さん7

今回、インタビューをさせていただくのは、イメージコンサルタントの平田美香さん。

美香さんは、昔から大好きなファッション関係で専業主婦から40代で起業し人生も変わったといいます。

しかし、美香さんは社会人経験もあまりなく、ファッションも好きではあったけれど、専門学校を出たわけでもありません。

さやか
さやか

コネもスキルもない状態で40代専業主婦からの起業はなかなか勇気がいりますよね。

一体、どのようにして好きな事で起業できたのか。またどんなことに向き合ってきたのでしょうか。様々な角度から伺っていきます!

さやか:美香さん、こんにちわ!今日はよろしくお願いします。美香さんは専業主婦から起業されたとのことですが、まずは今までどのように過ごされていたのか、簡単に教えていただいてもいいですか。

美香:こんにちは。そうですね、わたしは東京生まれ東京育ちで、大学卒業後に広告代理店へ就職しました。

3年働いた後に主人と結婚し、同時に仕事を辞めて夫の福島転勤について行きました。

本当はバリバリ働くつもりだったのですが、実際の仕事は人事に配属されて、理想と現実とギャップがあって、早く結婚して辞めたかったのが本音だったんです。

さやか
さやか

福島へ行ってから仕事をするということは考えなかったのですか

美香さん
美香さん

当時ってまだ幸せのゴールのひとつが寿退社っていう風潮も残っていたんですよ(笑)今では考えられないかもしれないけれど。

今まで実家から出たこともなくて、本当に世間知らずな状態で、誰も知り合いのいない福島へ行ったことが、まず大きな環境の変化で、それに慣れることが第一でした。

結婚式

さやか:今では共働きとかパートで働く主婦の方も多いですし、社会でバリバリ働きたい女性もいますよね。

でも逆に、できるのであれば専業主婦になりたいって方もいます。美香さんは専業主婦だったとき、どのようなことを考えていましたか。

美香:福島に住んで、子どもが生まれてからは子育てをして、それなりに楽しく過ごしていました。

でも子どもが大きくなるにつれて、先が見えるようになってきて、このままの人生でいいのかなと思うようになりました。

例えば子どもが育っていくとき、子どもが東京の大学に進学したら、私と夫は福島に残るというかたちになる。

美香さん
美香さん

でも、私はもともと東京で生まれ育ったので、それは正直嫌だなと思って。

夫にその話をし始めたときに、福島の震災が起きて、そのタイミングで東京に戻ることに決めました。

さやか:東京に戻ってからはどのように過ごされていましたか?

美香:しばらく夫は単身赴任で、子ども3人と新しい環境に慣れるので精一杯でした。

新生活も楽しかったのですが、慣れて落ち着いて時間ができてくるとやっぱり「わたしの人生これでいいのかな?」って思い始めたんです。

さやか
さやか

環境がどうというよりは、本当は美香さん自身の生き方をどうしたいかって、無意識にずっと考えていたのかもしれないですね。やるべきことがあって忙しいと忘れちゃうけれど、それがないときにふと見直す機会がくるというか。

美香さん
美香さん

多分そうなんだと思います。専業主婦で生活も楽しいし大きな不満もなく過ごしていました。でも同時に、昔から自分って何もない人間だって思っていたから、なにかを成し遂げたいとずっと思っていて、その何かがずっとわからなかったんです。

さやか:なるほど。そこに美香さんが、専業主婦から起業することになった根本的理由がありそうですね。もっと深く聞かせてもらいたいと思います。

探究する人

沖 明香

沖 明香

パラレルキャリア。取材ライター/PR・広報のアシスタント/オンライン秘書をやっています。「世の中には素晴らしいものが溢れている」がモットー。オンライン秘書として素晴らしい人たちやその仕事内容をサポートすること、ライティングで価値あるものを価値あるものとして世に出していくことが喜びです。 何歳なっても「やってみないと分からない」でいろいろ挑戦していきます♪

この人が書いた記事をもっと読む
ALIVE! 人生を楽しむためのポータルメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました