「人生を楽に生きたい」を無理なく叶える、たった1つの方法
人生にワクワクを

「人生を楽に生きたい」を無理なく叶える、たった1つの方法

オーサー

生きていると、ふとした瞬間に「もっと人生を楽に生きられたらいいのに…」と、思ってしまうことってありますよね。

特別大きな成功を成し遂げたいわけでもないし、社会的に偉くならなくてもいい…。ただ「楽に生きたい」、そんな風に思っている人も多いのではないでしょうか。

日々、社会の常識や組織のルールに従い、人間関係もなるべく円滑にいくようにと頑張っている人ほど、生きづらさを感じやすいものです。

Ayana
Ayana

今より少しでもいいから楽に生きたいんだけど…いやでも、生きていくためには我慢して働かないといけないし、そんなこと言っている場合ではない!

私自身、以前はとにかく社会の枠から外れないようにと必死になりすぎて、自分がどうしたら楽に生きれるかなど考える余地もありませんでした。

そんな私でしたが、今では自分を尊重しながら他者とも無理なく関わり、自然体で生きられるようになりました。

なぜ変われたかというと、それは「楽に生きる方法」を必死で探したからではなく、自分自身ときちんと向き合うことで、自分にとっての「楽」を叶えられるようになったからです。

そこで今回の記事では、無理なく自分が楽に生きられる方法についてシェアします。

Ayana
Ayana

記事の後半では具体的な実践方法についてもお話しますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

「楽に生きたい…」その裏に隠された理由とは

手の上のハート石

そもそもの話、あなたが「人生をもっと楽に生きたい」と思っているのはなぜでしょうか?

実は、この「楽に生きたい」と思う裏側には、人それぞれの生きづらさの原因が眠っています。

それは、もしかしたら、’’毎日の仕事が辛い’’、’’人間関係に悩んでいる’’などの精神的なことかもしれないですし、’’お金がない’’という物理的なことかもしれません。

いずれにしても、自分が本来望んでいる結果と違う現実が今目の前にあり、必死でそこに耐えているのではないでしょうか。

Ayana
Ayana

それって辛いですよね…。でも頑張ってきたあなたは偉いです!まずは頑張ってきた自分を認めてあげてください。

でも、その上で、今必死で耐えて頑張っているということはこうとも言えます。楽に生きたいと思う一方でこんな風に思ってはいませんか?

楽に生きるなんて、

・怠けている

・反則だ

・甘い

このように、楽に生きたいと願う一方で、それが’’いけないこと’’のように無意識で思っている人は多くいます。

Ayana
Ayana

つまり、今「楽に生きたい」と思っているということは、自分で「楽ではない」状況を作り出し、さらに言うと、「楽ではない」今の状況を選んでいる!

また、「楽に生きる」=「努力しない」「やりがいを感じられない」と潜在的には思っていてるため、楽ではない今を選択しているということも考えられます。

頭では「楽に生きたい」と思いながらも、楽に生きることに対して何らかの回避方法を選択しているので、そのギャップに対してモヤモヤを感じているのかもしれませんね。

モロッコを愛する人

Ayana

Ayana

「人の人生の役に立ちたい!」と探究し続けるも、何ができるのか分からず人生迷子に。30歳の時に行ったモロッコがきっかけで、アラビア語とイスラームを学び始めると、人生が思わぬ方向へ。 現在は会社員を退職し、多拠点生活をしながらコーチング・対話・ライティングを通して"自分色の人生を生きる人"を応援&サポートしています。持ち前のポジティブマインドで軽やかに生きるを実践中。 夢はモロッコのリトリートツアーを提供すること。

この人が書いた記事をもっと読む
ALIVE! 人生を楽しむためのポータルメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました