文章が書けない人を教えていて見えてきた、書けるようになるコツと方法
コピーライティング

文章が書けない人を教えていて見えてきた、書けるようになるコツと方法

誰かにメッセージを伝える時や文章を書きたいと思っても「なんて書いたら良いか分からない」「うまく相手に伝わらなかった〜」など文章がうまく書けないことってありますよね。

文章が相手に届かないことで「章文を書く自信がない」「文章が書けない」と考えている人がいます。

でも、文章の書き方を練習すれば誰でも自分が考えた通り・相手に伝えたい内容を表現することができるようになります

ikue
ikue

ライティングの授業をしたり、記事のチェックをたくさんしてきて、「何が言いたいか伝わりにくい文章」を書く人が、「すごく分かりやすいし、読んで良かった」と思える文章を書けるようになった人を何人も見てきました

文章が書けないと思っている人、実際に文章で表現するのが苦手な人、実は相手に「読みにくい」と感じさせてしまう文章を書いている人も、書き方のコツさえ掴めば自分の頭の中で書く内容を整理して表現することができます

そこで、今回は「文章が書けない人」が「文章を書けるようになった」過程を近くで見てきて、どうして書けるようになったのか、そのコツを解説させていただきます。

文章を書けないと諦めるのは早いですよ!

文章が書けない人の特徴(理由)

文章が書けない人たちの特徴は大きく2つあります。

・文章自体が書けない(書こうと思うと手が止まる)
・書いて入るけど、読まれない(読まれる文章が書けない)

今までいろんな方をチェックしていて、両方が混ざっていることもありますが、どちらの傾向が強いかは人によって異なります。

前者の「文章自体が書けない」人は、まず文章を書くことへの苦手意識を減らすことが大切です。

後者の「読まれる文章が書けない」場合は、なぜ読まれないのか、何が分かりにくいのかを知るところから始めるようにすると良いですよ。

そして、両者に共通するのが「文章の書き方」を知ることになります。

ikue
ikue

今までの人生で、本を読んできたり、作文・論文・メールなどを書いた経験があるので、読みやすい「書き方」を意識して書いている人が少ない印象があります

編集長の人

いくえ

いくえ

もっと楽しく生きたい。自由に自分らしく生きていていきたい!と思って大手金融企業のOLを辞めました。OL時代に培ってきた一般的な事務のスキルでも自由人として生きられる、を実践しています。今は平日人が少ないときに趣味の美術館やゴルフをするのが楽しみ。 この度はALIVE(アライブ)の編集長として、好きなことで生きている人たちの応援と、その秘訣を皆さんにお伝えできるよう日々楽しく勉強中です。

この人が書いた記事をもっと読む
ALIVE! 人生を楽しむためのポータルメディア
タイトルとURLをコピーしました