人生がつまらない状態から抜け出そう!30代からの人生を幸せに生きる力

ライター:いくえ

毎日特に大きな変化もなく安定しているように過ごしていても、ふっと「このままでいいのかな、人生つまらないかも・・・」と30代になって感じている人は意外にも増えています。

仕事もある程度覚えて、先輩を見て少し先の自分が見えてしまったり、家族に時間を使って自分の時間が少なくなった・・・など、それぞれ理由はありますが、20代のように恋愛や仕事、仲間と一緒に遊んでいたワクワクが減ってきた・・・なんて感じていませんか。

もう30代だけど、まだ30代!せっかく生きているんだから毎日楽しく幸せを感じて過ごしたいのは皆同じです。

周りの友人に話を聞くと、「20代に比べて30代の方が人の目を気にせず、自分1人で行動出来るようになった」「自分も相手もお互いの個性を尊重できるようになった!」など30代になって良かった。という面もあれば、

「自分を変えたいけど、若いころほどパワーもないし、いまさら何をして良いか分からない」なんて「何か楽しいことが向こうから来ないかな~」なんて、人生なんとなくつまらない、受け身の考え方になってくるのが30代だったりします。

そこで今回は、人生を楽しく生きている30代の人がどう考えて、何をしているのか?何に人生の楽しみを見つけているのか!?や、私も人生つまらないと感じていた30代の状態から「毎日少し楽しくなってきたかも・・・」感じることができた経験をお伝えしていきます。

自分だけ人生つまらない30代を過ごしているのかな・・・なんて悲しい思いをしているなら、あなただけではないですよ。ぜひ、30代だからこそ楽しめる生き方を見つけましょう。

人生がつまらない状況とは!?

つまらない
まず、人生がつまらない状況とはどんな状態か、どんな時に感じてしまうかを知ることから始めてみましょう。

人生がつまらないと感じてしまう時

「人生がつまらない」「こんな30代を過ごすと思わなかった」と感じている人は、なぜ「人生がつまらない」と感じているのでしょうか。

つまらないとは、張り合いがない・満足感が無い・心がさみしい・くだらないなどの意味があります。

人生をつまらないと感じている人の多くは

・自分らしく生きられていない
・毎日に満足感が無い、達成感が無い
・ただ時間が過ぎるのを待つだけ
・毎日が楽しくない、過去の方が楽しかった

など、今が楽しめていないために「人生がつまらない」と感じてしまっている人が多いです。

ikue
ikue

学生の時とか、過去を振り返ると楽しい時期があって、それを知っているからこそ今が余計に「楽しめていない」「あの頃は良かった」と感じる人もいるみたい

人生を楽しめていない人の共通点

人生を楽しめていない・つまらないと感じている30代の人が、ずっと「楽しい人生を経験したことがない」というわけではありません。

今までの人生を振り返ってみると必ず「あの時は良かったな~」「楽しかったな~」という時ってありますよね。

その時と比べて「今の私なんて・・・」と知らない間に今の自分を低く評価していたり、過去を美化している人も中にはいます。そんな今の自分を楽しめていない人の共通点は

・過去の自分を美化している
・周りの友達と比べて優劣を付けている
・新しいモノについていけない
・取り残されている感覚がある
・自分の時間が減ることへのストレス
・責任が求められるようになってきた
・一緒に何かをする友人が見つかりにくい

など挙げられます。

ikue
ikue

学生時代は何か新しいものが出ると積極的に試したけど、もはや最新のテクノロジーについていけなくて、便利さと同時に、年を重ねることに不安があるかも・・・

年齢を重ねるごとに行動範囲が広がったり、時代の流れで変化についていけなくなったり、周囲の変化で自分だけが取り残されていると感じると「私なんて・・・」と感じることが増えてしまうのはしょうがないのかも知れません。

さらに、「人生がつまらない」と感じてしまう理由は、30代だからと年齢特有の理由もありそうなので、次の章で見てみましょう。

30代ってどんな年齢なのか!?

考える
人生がつまらないと感じてしまう原因は30代という年齢にも理由がありそうなので、30代とは一般的にどんな年齢かも確認してみましょう。

10代~20代前半のころは学生年て生活している人が多く、周りの仲がいい友人と比べても場所や環境に差があっても、働いている悩みだったり共通項の方が多いですが、20代後半~30代前半になると、特に女性は

・彼氏がいるか
・結婚
・出産

などでお互いを気にし始めるのではないでしょうか。30代半ばから後半になってくると

・結婚
・出産

以外にも

・子育て
・仕事
・独りの時間

なども加わり、生活のリズムや何に時間を使っているか、感心があるかの差が出やすい年齢になってきます。

ikue
ikue

確かに友達の集まりで、子育てしている人が多いと、マイホームとか子供の教育の話が多いし、独身の人が集まると「どう生きるか」など自分の生き方や仕事の話が多いなぁ~

ikue
ikue

それに30代になってから一緒に海外旅行に行く友人を見つけるのも大変になって、1人旅行ができないと、行動範囲が狭くなったかも・・・

もちろん、それぞれが選んだ道なので、胸を張って自分の人生を生きるに越したことはありませんが、どうしても友達のことが羨ましく見えてしまったり、忙しくも楽しそうにしている人を見ると「私なんて・・・」となってしまうこともありますよね。

特に30代は今まで同じだと思って過ごしていた仲間の生活変化が表れ始めるタイミングなので、それぞれに人生があると頭で分かっていても、心のどこかで「私たちはみんな一緒」と思っていると、周りの変化にショックを受けてしまい、変わらない自分と比べて落ち込みやすくなります

それが、「人生なんてつまらない」「どうせ自分なんて・・・」と感じてしまう30代を形成してしまうのです。

そんな気持ちになると、自分だけが取り残された気持ちになったり、生きている意味が分からなくなってしまう人もいますが、そんなことはありません。私を含め周りの30代友人に聞いても同じように感じてきた人がたくさんいます。

では、どうしたらいいのか?その人たちの考え方や行動を紹介していきます。

どうしたら人生がつまらない30代から抜け出せるのか?~気持ちを楽にするコツ~

スマイル

誰かと比べるのではなく、自分にとって大切なものを知ろう

「人生がつまらない」と感じてしまう人の多くは、「30代はこうあるべき」「友人はこんな状態」など、固定概念や周りの人と比べては、自分にないものを見てしまいがちです。

確かに、独身の人は家族がいる人を羨ましく思うかも知れないですし、子育てに追われて自分の時間がない人はやりがいを持って働いている人が眩しく感じてしまうなど、ないモノを持っている人と比較してしまうときもありますよね。

でも、そんなことをしていても何も自分にとってプラスなことはありません。今自分の持っているものに目を向けましょう

例えば、自分のためだけに使える時間とお金だったり、パートナーシップや誰かに愛情を与えることかもしれません。自分が今していることが価値のないことと思わず、持っているものに目を向けて大切にしてみるのも重要です。

もし、マウンティングしてくる人、「私の方があなたより幸せよ」というような印象がある人やSNSサイトがあったら精神衛生上よくないので、距離を置いたほうが良いですよ。

自分だけの楽しみを再発見してみる

人生を楽しめていない原因の1つに「毎日がつまらない」と感じている人がとても多いです。

そんな場合は、自分にとっての「楽しい」を探しましょう

気になることを試してみても良いですし、何も無ければ散歩して見つけに行っても良いですよ。

「そんなのないよ~」という人は、過去に「あの時は良かったな~」という時期があったら何が良くて、何で楽しかったのか。を探ってみるのも方法です。

考えてみると、友達といたこと・何か夢中になれることがあった・その日何をするかが決まっていなかった・とにかく忙しかった・自由気ままだった・パートナーがいた・旅行など新しいものにたくさん触れていた。など、が出てくるはずです。

楽しかったエッセンスが見つかったら、小さくても良いので、見つけた「楽しい」を対応してみてください。動くと気持ちもリフレッシュされますよ。

今まで付き合ってこなかった違う年齢や性別の友人から学ぶ

「人生良いことない」「つまらない毎日だな」と感じて30代が終わってしまうのは、少しもったいないですよね。そんな時は、年齢や性別を超えたコミュニティに参加してみたり、人の話を聞いてみるのも方法です。

結婚願望が強いけど結婚できていない友人は、「結婚できない、彼氏すらいない自分は何か欠陥があるのかも・・・」「結婚しないと幸せじゃない」「35歳までに子供を1人は生みたい」とよく話していました。

しかし、少し年上の女性が多いサークルに入って周りの話を聞いているうちに、家事が大変・子育てで自分の時間が無くなる・自由にお金が使えない・旦那さんの愚痴ばかり・・・と感じるようになり、「結婚だけが全てではない、今の自分を楽しもう!それで結婚出来たら幸せ」と切り替えられたと言います。

自分が経験していない人の話や感想は、新しい価値観や考え方・視点をくれることもあります。

人生の先輩の生き方や、若い人が何を考えているか聞いてみると、自分の当たり前が違っていたかも・・・もっとステキな考え方がある!など気がつくことができますよ。

ときには自分を甘やかしてみる

甘いもの
人生に希望が持てなかったり、何をして良いか分からなくなったら、自分を甘やかして見るのも方法です。

ネガティブになっている時は「1日中寝てしまい、今日も何もできなかった」など、できないことに目を向けてしまいがちですが、何もできない自分をまるごと受け入れてしまいましょう。

「今日は1日中何もしないでゴロゴロする日」「思いっきりマンガを読む日」「大好きなお菓子を思いっきり食べる日」「映画をとことん見る」など、少し罪悪感があるような行動を受け入れてみてください。

どうせなら、「〇本映画を見る」など目標を立てて見ても良いかも知れません。、できた自分に達成感すら感じられると、気持ちが楽になりますよ。

人生を楽しめない人の多くが、自分の行動だったり考え方に対して気付かない内に「✖」をつけてしまっています。まず、どんな自分でも自分を受け入れる所から始めてみてくださいね。

何かワクワクする体験をしてみよう

人生がつまらない・・・このまま30代が終わるのかな~と悩んでいる人の多くが、

・今の状態を楽しめていない、不満がある

・何か楽しいことが起きないか、他人任せ

・どうせ自分なんて何もできない

などのマインドをどこかで持っている人がたくさんいます。

慣れ親しんでいる変わらない環境からの変化に対して20代の時のようなワクワクや柔軟性が少なくなってきている人もいますが、そんな時こそ自分の環境を変えてみたり、何かにチャレンジしてみましょう

・趣味の教室に通う
・オンラインサロンに入ってみる
・資格の勉強をしてみる
・生活を見直してミニマリストになる
・1か月の生活費を最小限にしてみる
・1人で行ったことのない地方に行く

といった継続できることから単発で終わるものでも何でも構いません。

10代・20代の時は、学校のテストや受験・就職といった何かにチャレンジしなくてはならない環境がありますが、大人になってくると人生を変えるような大きなチャレンジをしなくても過ごせるようになります。穏やかでいいな~と思う反面、何かに挑戦していないことで自分の成長が感じられず、「つまらない」に繋がってしまうこともあるんですよ。

そんな時は何か行動を起こして、それが達成できた!という「できる」体験が人生を楽しくしてくれるので、自分の人生を豊かにしてくれそうなことや気になること、何でもいいので行動をしてみましょう。

【気持ちを楽にするコツ】
・自分にとって大切なものを知ろう
・自分だけの楽しみを再発見してみる
・違う年齢や性別の友人から学ぶ
・ときには自分を甘やかしてみる
・何かワクワクする体験をしてみよう

人生を楽しんでいる30代の人はどうやって自分の幸せを見つけたのか!?

3人の女性
この章では、実際に人生がつまらない・・・と感じていた友人が、30代になって小さな行動を起こしたことで「人生が楽しくなった」エピソードを紹介していきます。

ここで紹介する3人は私の高校・大学の同級生で、20代まではみんな同じように会社務めをしており、女子会と称した集まりが大好きでいつも会社の不満や恋愛話をしたり、一緒に旅行を楽しむような仲間でした。

ただ、30代になって結婚や仕事などの自分だけでなく周囲の変化もあって、人生をどう生きようか悩んでいた人たちです。

ぜひ、みなさんの参考にしてみてください。

1人目:企業で働きながら趣味を見つけた友人Aさん

1人目の紹介する友人は、都内でOLをしている、とっても繊細なタイプで独身の女性Aさん。30代に入ったころは2人とも企業に勤めていて、よく会社のグチや将来の不安なんかを話していました。

A子
Aさん

なんか楽しいことないかな~でも、仕事に生きるのもイメージできないし、低空飛行で安定しながら楽しみたい

とよく話していました。どちらかというとインドアタイプのAさんでしたが、友人に誘われたのをキッカケにアウトドアを楽しむようになっていました。

ikue
ikue

ちょっと合わない間にアクティブになったね

A子
Aさん

今は、友達と一緒にアウトドアに行くのを楽しみに仕事を頑張っている状態だよ

A子
Aさん

何もすることがなくて、人生つまらないとも考えたけど、少しでも自分の楽しみを見つけたり、誰かと共感できることで前向きに過ごしてるよ

ikue
ikue

30代を何もしないで過ごすものもったいないしね

A子
Aさん

何もないと思っていたけど、特に大きな困難が無い穏やかな生活も本当は宝物だよ

Aさんは働くことへの情熱ではなく、働いたお金で自分の自由な時間を楽しむことで楽しい30代を過ごしています。元々自他共に認めるインドア派でしたが、何がキッカケで変わるか分かりません。

友達に誘われたりした新しことを試して見るなどして、プライベートで自分が楽しいと思える時間を作ろう

自分らしい生き方を模索している人はこちらの記事も読んでみてくださいね。

2人目:子育てだけではなく自分の時間を充実させた友人Bさん

2人目に紹介するのは、地方で小学生と幼稚園児の子供がいる友人Bさん。

周りから見ると、結婚もして可愛い子供がいて、マイホームもある友人Bさんは、いつも同級生の集まりがある度に「Bはいいよね~、安定していて」と言われていました。

確かに、独身の女性からすると羨ましいと感じる人も中にはいるかも知れませんが、Bさんにも悩みがあり

友人B(左)
Bさん

家族がいて幸せだけど、同級生の友人がバリバリ仕事をしたり、プライベートを充実させたり、しているのを見ると私何があるんだろう・・・と考えちゃう

と話していました。確かに、独身で働くことが当たり前になっている人からすると羨ましい悩みに見えるけど、本人としては切実なのかも・・・。

そんなBさんですが、少ししてから

友人B(左)
Bさん

実はSNSでママ友同士のサークルみたいなの立ち上げて、そこで同じような悩みを抱えている人と話したり、友人の紹介で子育てを理解してくれるところでパートを始めたんだ

ikue
ikue

そうなんだ!活動的だね~、以前よりハツラツとしてる

友人B(左)
Bさん

ありがと~、やっぱりママだけではない自分の居場所や社会に必要とされている実感が無いときって、「私なんてどうせいてもいなくても世界は変わらない・・・」とか考えてしまって

友人B(左)
Bさん

仕事イヤで寿退社した時はあんなに嬉しかったのに、少しでも誰かの役に立てていることがこんなに嬉しいなんて思わなかった

Bさんのように社会に必要とされていない、私なんていなくたって・・・と孤独感に苛まれてしまうと「人生なんて・・・こんなつまらない毎日過ごしてどうするんだろう」「まだ30代、人生長いな~」なんてネガティブになってしまいます。

家のことだけでなく、社会や誰かに必要とされていると感じると毎日にハリが出ることもありますよ。

何か社会に繋がることや、誰かから感謝されることをしてみよう。人との繋がりがあったり、感謝されることで人生を楽しくすることもできる

毎日が何だかつまらない・・・そう感じてしまう人は40代の先輩からも学べるこちらの記事がオススメです。

3人目:今やっていることを思いっきり変えてみた友人Cさん

3人目は、都内の下町で工場勤務をしていて、いつも会社の愚痴が多かった友人Cさん。

話を聞いていると、確かに会社の待遇だったり周りの人からの扱いが「ひどいな~」と感じることもあったけど、「でも会社辞めてもどうにもならないしね~」と言って、愚痴を言い合ってストレスを解消するのがお決まりでした。

会社に対してイヤな部分はたくさんあっても、安定したお給料は捨てがたいですし、簡単に退職するなんて考えにくいですよね。

しかし、久しぶりに会ったCさんは

友人C(左)
Cさん

会社辞めちゃった

ikue
ikue

え~~~、ずいぶん思い切ったね!

友人C(左)
Cさん

うん。このままここで一生働くことが想像できなかったのと、まだ30代で体力があるうちに自分でやってみたいことにチャレンジしようと思って。ディスプレイとか空間デザインをする会社に転職したんだ

友人C(左)
Cさん

お給料とかは少し下がってしまったけど、やりがいがあって憧れの人とも働けているし、忙しいけど楽しんでるよ。周りには心配されているけどね(笑)

Cさんは、「人生が何だかつまらない・・・」このまま30代を過ごすより、お給料は減ってしまうけど生活できないわけではないから、自分のやりたいことを選択して、毎日を生き生きと過ごしています。

周りの目を気にせず、チャレンジしてみたかった事を思いっきってチャレンジすると、やりがいが見えてくることがある

起業するとどんなことが起こるのか!?気になる人はこちらの記事もオススメ

自分の人生をつまらないとあきらめかけていた30代前半の私

物思いにふける
これまで、人生がつまらないと感じている30代友人の事を紹介してきましたが、最後に私も同じく、「人生このままでいいのかな?」「毎日楽しいことが無くてつまらない」「もう30代だけどまだ30代、人生は長いな・・・」なんて悩んでいることが多かったです。

今もたまに、友人と比べたりして落ち込んでしまうこともありますが、前よりずっと自分の人生を生きている!と実感しています。

私は、30代前半まで大手金融企業で働いていましたが、今振り返ると、

・安定している
・周囲から「スゴイ」と言われる
・親が安心する
・周りの会社評価を満足していた
・他を考えるのが怖い

などがありました。でも、心のどこかで「やりたいことは分からないけど、本当にずっとこの会社にいることが満足なのか」が分からない状態。

そんな時、看護師の友人と話していたところ、

看護師
看護師

人が最後を迎えるとき後悔するので一番多いのが「あの時、○○しておけばよかった。本当は私は××なんてしたくなかったんだよ」っていう内容なんだよ

という話で、その時自分が今死んだら後悔しないか?を考えていることにしました。

もし、身体が動かなくなって明日死ぬとしたら私も友人が話してくれた人のように「命が短いと分かっていたら、会社を辞めて何かにチャレンジしていたのに・・・」と考えている自分に気が付けたのです。

当たり前に生きているとなかなか想像できませんが、自分の大切な命や時間、もし「自分なんてどうなっても良いや」と自暴自棄になってしまう気持ちになったのなら、思い切ってリスクをとって自分のやりたいことや何かにチャレンジする方にパワーを向けてみてはどうでしょうか。

私は、自分の時間を考えた時、「会社から離れて、『楽しい』と自分が感じることを、誰かの視線を気にして諦めるのではなく、納得して自分自身で自分の人生を選択できるようになりたい」と考え、とりあえず会社を辞めることにしました。

もう少し先を考えてから行動しても良かったかも・・・と後悔しそうになることもありましたが、今では自分の価値基準で判断できるようになってきたことで、会社にいたころより、同じことが起きても「幸せ」を感じたり、「感謝」ができるように変わりました。

もし、人生がつまらない、このまま30代が過ぎるのかな・・・と思っている人は、

・自分の価値基準は何かを知る
・明日死んでも後悔しないか
・何かにチャレンジしているか

などを振り返ってみて、なにかアクションを起こすと、たとえ小さな行動でも人生が大きく変わることだってあるんですよ。ぜひ、今できる事をしてみてくださいね。

30代で悩んだ過去の話を書いた記事があるので興味のある方は読んでみてください。

まとめ

ダッシュ
人と比べてしまったり、相手の生活で「羨ましい」「いいな~」という部分をみつけてしまうと自分の生活と比べて、「私の人生って何なんだろう、なんかつまらない。30代って辛い」などネガティブになってしまうこともありますが、人は人、自分は自分と上手く割り切っていきましょう。

あなたが誰かを羨ましく感じるように、自分では気付いていませんが周りから見たらあなたも「羨ましい」と思われていることがたくさんあるんですよ。

ぜひ、自分にとっての幸せ基準を見つけて「30代大変なこともあったけど、幸せなことの方が多かった!」と言えるように、小さな行動を積み重ねていきましょう。

あなたの毎日が今日より明日、明日より明後日がよりステキな日になりますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました