「よもぎ蒸し」で身体も心もリフレッシュ!〜自分とゆっくり向き合う時間〜
コラム

「よもぎ蒸し」で身体も心もリフレッシュ!〜自分とゆっくり向き合う時間〜

「よもぎ蒸し」初体験♡

「よもぎ蒸し」体験

セット

いよいよよもぎ蒸し初体験です。

まゆさんが黄土で作られた椅子に漢方をセットしてくださり、私はマントをかぶってスタンバイをしました。

まゆ
まゆ

漢方は「美容用」「婦人用」「ダイエット用」3種類があるんですが、初めての方には、代謝をあげる効能の漢方が一番多めに入っている「美容用」をオススメしているので、今回はそれにしますね!

マントの中は裸で、漢方の効能を直に感じることができます。

まゆ
まゆ

足を温めるのに10分。体を温めるのに30分。合計40分蒸されていきましょう

最初は足を乗っけて末端を温めることに。

セット2

ikue
ikue

冷え性なんですが、足先がすごくあったまって足だけが汗をかいているという状態に!!(スゴい)

10分が経過していよいよ黄土の椅子に座り、下半身を温めていくことに・・・。マントを頭までかぶって顔や頭皮にも漢方の蒸気を当てるのもOKということで試してみました。

ikue
ikue

マントの中で自分だけの世界になれて、漢方の香りもいいし、マントをかぶることで目からの情報が少なくなって色々考えすぎる時間から切り離された感じ

下から蒸気が上がってくるので全身汗だくで、「こんなに汗って出るんだ」という状態です。体を少しずらしたり、座り方を変えて上がってくる蒸気の場所を変えながら漢方の効能を楽しむことができます。

まゆ
まゆ

今回体験してもらったよもぎ蒸しは100%「黄土」を使っているのがポイントなんですよ。木の座器などと違い、「黄土」そのものに解毒作用があるのと、温めて使うことで遠赤外線が出るんです^^

40分も長いかな〜と思いましたが、蒸されている時間はあっという間でした。

「よもぎ蒸し」体験を体験してみて

体験

イメージ図はまゆさんが書いてくださったものになります。

時間になって、私はスゴい汗をかきましたが、これも人によって状況は違うそうです。そして、漢方とお湯を入れていた陶器の壺の中の状態も人によって異なり、泡が多かったり、残った水分が多かったり少なかったりと、自分の状態を表すそうです。

私は、「ちょっとストレスがあるかも・・・」とのことでしたが、初めてよもぎ蒸しをした緊張感もある可能性が高く、何回か対応してみると自分の状態変化が分かってくると教えてもらえました。その時々の自分と対話ができるのも楽しみのポイントですね。

全身凄い汗が出て、「こんな状態で帰れるのかな・・・」と心配でしたが、タオルで軽く拭くだけでサラっとしていて驚きました。

まゆ
まゆ

漢方に蒸されて出た汗は体を保湿してくれるものなので、普段運動してかく汗とは違うんですよ。肌もすごくシットリしているはずです

お風呂に入ってもこんなに汗はかけないですし、サウナとは違い、自分の身体からのサインが目で見れるという体験だけでなく、腰痛で悩まされていたんですが、腰が軽くなったのもその時感じた変化でした。

ikue
ikue

体験した日はスゴい寒い日だったんですが、その日は体の芯がずっと温かいという不思議な感覚。また体験してみたいな

まとめ

まとめ

今回、まゆさんに声をかけてもらって初めて体験した「よもぎ蒸し」ですが、身体の中から温めるという、体験をさせていただきました。

冷え性で冬になると「手足冷たい!!」と言われるくらい冷え性なんですが、その日は手足が冷えすぎることなく過ごせたので、また機会があったら試してみたいな〜と感じています。

ikue
ikue

マントをかぶっている時間は、スマホを触るなど何もできないのでゆっくり自分と見つめ合う瞑想のような時間で、終わった後は頭も心もスッキリしますよ!

ぜひ興味のある方は、「よもぎ蒸し」体験をしてみてくださいね。

★こちらが、まゆさんが使用してくださった「黄土よもぎ蒸し」の詳細です。(可愛いイラストはまゆさんが書かれたものなので、そちらもチェックしていてください!)

旅暮らしする黄土よもぎ蒸し

編集長の人

いくえ

いくえ

もっと楽しく生きたい。自由に自分らしく生きていていきたい!と思って大手金融企業のOLを辞めました。OL時代に培ってきた一般的な事務のスキルでも自由人として生きられる、を実践しています。今は平日人が少ないときに趣味の美術館やゴルフをするのが楽しみ。 この度はALIVE(アライブ)の編集長として、好きなことで生きている人たちの応援と、その秘訣を皆さんにお伝えできるよう日々楽しく勉強中です。

この人が書いた記事をもっと読む
ALIVE! 人生を楽しむためのポータルメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました