自分を縛るプライドを捨てると、人生がスムーズに動き出す方法について
人生にワクワクを

自分を縛るプライドを捨てると、人生がスムーズに動き出す方法について

オーサー

プライドが自分の人生の流れを邪魔してるかも・・・って思ったことはありませんか。

人生を振り返ってみると、あのときに自分を縛るプライドを捨てる!と決断していたら、人生が変わっていたかもということがありますよね。

わたしの場合

miwa
miwa

大学受験がそうでした。行きたい大学と自分の学力の差を分かってはいたのですが、偏差値とか名が知られているといったことを優先し無理して受験しました。その結果、合格できず浪人生活を送ることになりました。浪人生活を送らず、ストレートに大学に行っていたら、就職難の時期を避けられ、行きたかった会社に就職し、やりたかった仕事ができたかもしれないなぁと、思うことがあります。

人生のたられば話で、その当時の自分を縛るプライドが今の人生をどうしたかは、誰にもわからないことですよね。

でも、誰もが人生を振り返ってみると、あの時のプライドを捨てていたら、どうなっていたんだろうか・・・と思うことが1つや2つあるものです。

プライドを捨てる!って、なんだか難しい気がしますが、プライドを捨てる意味を理解して、行動をおこすことで、これからの人生がもっとスムーズに動き出しますよ。

今、なんだか行き詰まっているなぁと思っていたら、プライドが自分を縛っているのかも!人生がスムーズに動き出すために、わたしと一緒にプライドを捨てる方法を探してみましょう!

そもそも、プライドとは?

辞書

 

goo辞典によると、プライドとは

誇り。自尊心。自負心。とあります・・・ちょっと、難しかったので、この3つの言葉の意味も調べてみました。
誇り:誇ること。名誉に感じること。また、その心。
自尊心:自分の人格を大切にする気持ち。また、自分の思想や言動に自信を持ち他からの干渉を排除する態度。プライド。
自負心:自分の才能や仕事に自信を持ち、誇りに思う心。

また、weblio英和辞典で「pride」という英単語の意味を調べると、

PRIDE:自慢、得意、満足、自尊心、誇り、プライド、うぬぼれ、傲慢、思い上がり、自慢のたね
miwa
miwa

プライドという言葉には、「自分に自信を持ち、誇りに思う」こと、その思いがときには、「うぬぼれ、思い上がり」という意味を持つようですね。

確かに、プライドという言葉を使う時には、いい意味で使われる場合と悪い意味で使われる場合があります。

例えば、

「〇〇さんはプライドが高い」というときは、〇〇さんは、うぬぼれているよね。とか傲慢だよね。と、ちょっとお高くとまっていて、距離を置きたい人という印象になります。

反対に、

「△△さんはプライドを持って仕事に取り組んでいる」というときは、△△さんは誇りを持って仕事をしていて、素敵な人で憧れるよね。といった、いい意味に使われ、なんだか尊敬できる頼りになる人だなぁという印象です。

人と接していて、なんだかなぁ・・・と悪い印象を持たせるプライドが、人生の邪魔なプライドで、自分を縛るプライドなのではないのでしょうか。

では、どんなプライドがいい印象で、悪い印象を持つプライドはどんなものかを考えてみましょう!

わんこ大好き人間

miwa

miwa

シングルライフ謳歌しすぎ?て、人生ももうすぐ、半世紀。人生100年時代の現代なら、人生の折り返し地点。あとは自由に好きな人やわんこに囲まれてと過ごしたい!とアーリーリタイアを目指す会社員です。 まだまだ、先は見えてきませんが、日々、理想とする生活を求めて奮闘中です。幸せを感じる時間は、わんこを相手にお酒をのむひと時。

この人が書いた記事をもっと読む
ALIVE! 人生を楽しむためのポータルメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました