自由に生きたいと行動しまくって見つけた私らしく生きるコツ【実話】

ライター:あず

忙しく過ごす毎日のなかで、ふと今の生活やこれからの人生を考えた時、「あれ、このままでいいのかな」と違和感を感じてしまうことがありますよね。

毎日同じ会社に通って、毎日同じ人と顔を合わせ、仕事をこなしている自分に気づいた時、「あぁ、なんかもう毎日同じことの繰り返しでいやだ!もっと自由に生きたい!」と考える人は、実は結構いるんじゃないでしょうか。

かく言う私も、20代後半の頃は同じ気持ちを抱えていました。

私は28歳で「もっと自由に生きたい!」と環境を変え、仕事を変え、とにかくたくさん行動しまくりましたが、正直最初の頃は何をしていいかわからず相当空回りしました。

周りに「自由に生きたい」と相談しても、「だったらなんでもいいから始めてみたら?」と言われるばかりで、その「なんでもいい」がわからなかったんですよね。

この記事は、私が「もっと自由に生きたい!でも、どうしたらいいかわからない!」と思ったところから、丸3年行動しまくってみつけた私らしく生きるコツをお伝えします。

あず

自由に生きたいと思ったあなたが、この記事を読んで少しでも踏み出す勇気が持てたら嬉しいです。

人生100年時代を生き抜く人生デザイン講座

自由って一体なんなの!?自由の5つの正体とは。

自由ってなんだろう?

そもそも「自由に生きたい」という言葉に表される自由って何でしょう。

稼げるお金をもっと増やしたい!という人もいれば、付き合う人間関係を変えたい!という人もいます。

自分が求めている「自由」とは一体何なのか?これをわかっているだけで、その後の行動はぐっと考えやすくなります。

例えば、今ある職場の人間関係を変えたいのなら、「職場を変える」が最も早い方法ですよね。

でも、そこまで勇気を出さなくても、自分から腹を割って話してみる、苦手な人の良いところを探してみるなど、できることはたくさんあります。

「自由に生きたいけど、何から始めていいかわからない」、そんな時ほど一度立ち止まり、そもそも私って何が不満で、何を求めているんだろう?と考えてみてください。

ここではまず、自由の5つの正体についてお伝えします。

以下を参考に、「自分がイメージしている自由はどれに当てはまるのか?」を考えてみてください。何を求めているかがわかれば、自然と次の一歩は見えてきますよ。

あず

ちなみに私は初めの頃、どんな自由を求めているのかあまり考えずに行動していました。(笑)後から思えば、もっと早い段階から自分の求めるものを言語化しておけばよかったなぁ〜と思っているので、これは教訓としてお伝えします!

経済的自由

1つ目は、経済的な自由です。

・今よりももっとお金を稼ぎたい
・これから先安心して暮らせるだけの資産が欲しい
・やりたいことを叶えるためにまとまったお金が欲しい
・複数の収入源を持ちたい

こういった気持ちは、すべて経済的な自由を求めている証拠です。

・まずは支出を抑える方法を学ぶ
・今の仕事で収入を増やす方法を考える
・副業や独立に取り組む
・資産形成を行う

など、求めているものがわかれば、経済的な自由を得るためにやるべきことがわかります。

一つだけ気をつけてほしいのは、漠然とお金をたくさん稼ぎたいという目標にはしないことです。

私も数年前は、漠然と「とにかくたくさんお金が欲しい!!!」と思っていました。

その気持ちは嘘ではなかったけれど、色々な経験をした結果、お金が欲しいのはその先に得たい未来があるからだと気づいたし、上限のない欲望はいつまでも達成感がなく苦しいと気づきました。

自由に生きたいと思った時、とにかくたくさん稼ぎたいと考える人は多いです。

ただ、モチベーションを維持して行動するためにも、「どのくらいのお金があったら満足なのか?それを何に使いたいのか?」と、少し具体的に気持ちを整理しておくといいですよ。

精神的自由

2つ目は、精神的な自由です。

・色々な選択肢から自分の意志で選びたい
・不安や恐怖を感じず、安心して暮らしたい
・もっとワクワクすることがしたい

こういった気持ちは、すべて精神的な自由を求めている証拠です。

精神的な自由への不満は、誰しもが少なからず持ち合わせていると思いますが、実は物事を見る目や日々の行動を少し変えるだけで、結構満たされる部分でもあったりします。

今の生活を大きく変えずとも、心持ちや些細な行動の変化で得られる自由があります。

精神的な不自由さに気づいたら、まずは小さなことから変えてみるといいでしょう。

あず

私も自由に生きたいと思って行動するなかで、「なんだ私って実はずっと自由だったんだ」とハッとすることが何度もありました。

時間の自由

3つ目は、時間の自由です。

・好きな時に休みが欲しい
・働く時間を自分で選びたい
・家族との時間を大切にしたい
・通勤時間をなくしたい

こういった気持ちは、時間の自由を求めている証拠です。

・自分の裁量で働ける仕事に変える
・今の仕事をリモートにできないか交渉する
・職場に近い場所へ引越しをする

など、求めているものがわかれば、時間の自由を得るためにやるべきことがわかります。

時間は命そのものです。

今ある時間をどう使いたいか?を考えることは、自分らしい人生を生きる上でとても重要なことです。

限りある時間を何に使いたいのかがわかったら、ぜひ自分らしい人生に向かって、一歩踏み出してみてくださいね。

空間や場所への自由

4つ目は、空間や場所への自由です。

・海外で暮らしたい
・もっと広い家に住みたい
・たくさん旅行に行きたい

こういった気持ちは、空間や場所への自由を求めている証拠です。

この欲求は、実際に引っ越しをしたり、インテリアを見直すことで解決できるものも多いです。

今すぐ実現ができなかったとしても、求めるものがわかれば計画を立てることは可能です。

いつまでに叶えたいのか?そのためにはいくら必要なのか?など、さらに具体的に考えて、やるべきことをリストアップしてみてください。

人間関係の自由

5つ目は、人間関係の自由です。

・今の職場の人間関係を変えたい
・もっといろんな人と知り合いたい
・仲間が欲しい

こういった気持ちは、人間関係の自由を求めている証拠です。

私は看護師として色々な人を見てきましたが、人間関係の自由を求めている人は実は結構多いですよね。

中には、「人間関係に疲れてしまって何もやる気が起きない。私らしい人生と言われても、やりたいことも好きなこともわからない…」という人もいます。

人はストレスや疲れが過度になると、ワクワクする気持ちや生きる活力が湧かなくなってしまいます。

自分らしく自由に生きるためにも、心の危険信号が出ている時は一度しっかり休むことも大切ですよ。

あず

実は私も社会人になりたての頃、人間関係に疲れて何も考えられない時期がありました。逃げるは恥だが役に立ちます。その時は、恥ずかしいと思っても、後から必ずあれでよかったと思える日が来ますよ。

自由に生きたい!きっかけは3つの不満から

悩み立ち止まる時間もまた、美しいのです

私が「自由に生きたい」と考えたのは、20代後半の頃でした。

当時の私は、病棟でフルタイムの看護師をしていましたが、以下の不満を持っていました。

あず

給料明細の金額、いつも同じだなぁ…先輩達の給料もほとんど変わらないし、これがずっと続くのかぁ…

あず

もっといろんな場所で住んでみたいなぁ。でも、病院で勤める限り、気軽に住む場所も変えられないし、我慢するしかないのかな…

あず

ゴールデンウィークも年末年始も仕事。有給も勝手に使われちゃうし、どうして看護師になっちゃったんだろう。

これは先ほどの5つの自由のうち、

  • 変わらない給料→経済的な自由
  • 働く場所や住む場所の制限→空間、場所への自由
  • 休みを自分で決められないこと→時間の自由

に対して不満を持っていたことになります。

そして、これらの不満を解消することで、もっと満足度の高い人生を送りたいという「精神的な自由」も叶えたいと思っていました。

求めている自由が複合的になるほど、やるべきことは増えていきます。

私の場合、当時の生活や仕事に対して、多くの面で不満を持っていたため、沢山のことを変える必要がありました。

あず

ちょっとだけ毎日を変えたいのなら、ちょっとだけ行動を変えればいいですよね。
反対に、ガラッと毎日を変えたいのなら、ガラッと行動を変えればいいんです。

私が自由に生きるためにしたこと

はじめはネットから、最後は人から教えてもらいました

使える手段は全て使った!本にネットに対面にセミナー、寝る間を惜しんで情報収集

私が自由に生きたいと考えたあと、まずしたことは、とにかく情報を集めるまくることでした。

本、ネット、対面、セミナー、いろいろな方法を試しましたが、結果はざっくりとこんな感じになりました。

情報収集の方法と効果:あず調べ
・友人・知人に聞く→共感は得られるが、具体性0%
・ネットで検索する→怪しい情報98%、少し気になる情報2%
・本を読む→いいこと書いてある感100%、距離が遠すぎてリアル感0%
・セミナーに参加する→その時の納得度100%、ただどこか上辺感30%
・リアルに会って話を聞く→人間味100%、臨場感100%、私にもできそうという勇気出現

はじめにやったのは、友人や知人に相談することでした。

しかし私は、元々交友関係を広げるのが苦手なタイプです。当時周りにいたのは、同じ医療職の友人ばかりで、相談はいつもこんな感じで終わりました。

あず

ねぇねぇ、もっと時間とか場所とか選んで生きていけるような仕事がしたくない?なんか他にいい仕事ないかな〜?

A子

気持ちわかるけどね〜、でも何していいかわかなくない?美容クリニックとか給料いいらしいよ。

あず

(結局医療職か・・・)

友人や知人への相談は、共感は得られたものの、具体的に何をしたらいいか見出すことはできませんでした。

次にやったのは、ネット検索。とにかく色々なSNSをみたり、気になるワードを検索エンジンで調べまくりました。

あず

(ネットで検索)「自由に,生きる」・・・ポチ!「実績なし、コネなし、経験なしから、できるスモールビジネス講座はこちらから

・・・怪しい。却下。シュ!(スワイプ)

あず

(ネットで検索)「お金,稼ぐ」・・・ポチ!「場所からも時間からも自由になろう!金融投資セミナーはこちら!」

・・・これも却下。シュ!(スワイプ)

あず

(SNSにて)「幸せになるたった一つの法則はこちら」「自己肯定感を爆上げしてなりたい私になる秘訣はこちら」「主婦でもできる簡単副業3選はこちら」

・・・ああぁぁっぁぁぁ、どれもこれもなんか違う!!!!!!!

インターネットで出てくる情報は、正直どれもこれも怪しかったです。

でも、中には信用できそうな情報もあり、私は次の行動として、そんな信用できそうな人たちが勧めるビジネス書を読み漁りました。

ただ、本に書いてあることはとても良かったんですが、私にもできそう!というリアル感は全くありませんでした。

よく本を読むだけで終わってしまうという話がありますが、まさに当時の私もそれ…。

次に私は、有料のセミナーや講座に参加しました。

実際に講師の先生から聞くお話は、ネットの情報や本に比べて納得感が凄まじく、とてもいい刺激になりました。

しかし同時に、大衆に向けて話されている「上辺感」をどこかで感じていた私は、もっとリアルな話が聞きたいなぁとも思っていました。

最終的に、私が「あ、私にもできる気がする」と思えたのは、実際に環境や仕事を変えたあと、飲み会の席で出会った自由人たちとの会話からでした。

自由人たちの悩みや失敗談が聞けたことで、

あず

なんだ。みんな私と同じように悩んでいた時期があるんじゃん。この人たちと私が違うのは、積み重ねた行動だけだ。だったら行動すれば叶うのでは…?

と踏み出す勇気が持てました。

さらば地元よ!28年住み続けた故郷を離れ大都会に上陸

情報収集をしたなかで、人生を変えるには以下の3つを変えると良いという情報を何度も目にしました。

人生を変えるためにすべき3つのこと
・住む場所を変える
・人間関係を変える
・時間の使い方を変える

私は自分に甘い人間です。だから、同じ環境にいても変われないことは、薄々気づいていました。

元々、一生に一度は東京に住んでみたいと思っていたので、その願いを叶えるためにも、私は28年住み続けた故郷を離れる決心をしました。

住む場所を変えると、勝手に人間関係も変わりますよね。そして、その人間関係に刺激を受けると、勝手に時間の使い方も変わります。

環境を変えるという一歩は、とても勇気がいることでしたが、私らしい人生を生きる上ではとても重要な一歩でした。

あず

当時、私は東京に友達が誰もいませんでした。でも、なんとかなるもんですね〜。

営業部長に、コンサルタント!未経験の仕事に挑戦しまくった

東京に移り住むことを決めた私ですが、実はやりたい仕事は見つかっていませんでした。

あず

看護師の仕事を続けても、場所や時間から自由になることはできないし、給料も一生変わらないよなぁ…

そう考えていた私は、何か医療職ではない、ゆくゆくはパソコン一台でできるような仕事を探していました。

そして、そんな時に出会ったのが小泉憲一さん(通称:こいけんさん)でした。

こいけんさんは、私が必死にネットサーフィンをして見つけた、ちょっと気になる人でした。

そんなこいけんさんの新しい会社で社員募集があり、私は即応募!その4ヶ月後には会社の営業部長になっていました。

同時に、こいけんさんの起業塾でビジネスを学び、ライティングやマーケティングの勉強をしました。

その後はその知識を生かし、発信起業のコンサルタントやWEBライターとしても活動しています。

自己責任が最大の鍵!今までの考え方を変えた

私が自由に生きたいと思ってから、丸3年が経ちました。

その中で一番良かったことは、根本的な考え方が変わったことです。

身についてよかったと感じる考え方
・すべては自己責任
・起こる全てはネタになる
・だからこそ恐れず、やりたいことをやる

環境を変え、仕事を変え、色々な人と出会い、未経験のことにもたくさん挑戦しました。

その過程の中で、「自由とは、多くの責任を背負うことである」と知り、全ては自己責任という気持ちの上で、行動ができるようになりました。

「自由とは、多くの責任を背負うことである」、これは少し怖い言葉にも見えますよね。

でも、「どんな選択肢を選び、どんな結果になったとしても、私がなんとかしてあげる」と思えることは、やりたいことをやる一歩をとても軽くしてくれます。

やりたいことを気軽にチャレンジできると、それだけでとても自由を感じることができるし、新しいことにワクワクして過ごせるようになりますよ。

あず

私が私らしく生きられるようになった最大のポイントは、この考えが身についたからです。

思いついたら即行動!やりたいことはやってみていい

この3年間で実際にやったことは、ざっとこんな感じです。

・北海道から東京へ引っ越した
・東京近郊で仕事の変化に伴い2回引っ越しをした
・約300名近い方と、リアル・オンラインを問わず会って話をした
・計13個の講座やセミナーに通いまくった
・企業の営業部長として働いた
・大学の保健室や富裕層向け看護など未経験の看護職にも挑戦した
・発信を続け、やったことのないライブ配信や動画配信もしまくった
・自身の講座やお話会を約8回ほど開催した
・1ヶ月で100人のお悩み相談にチャレンジした
・いろいろなオンラインサロンやイベントに参加した
・WEBライターを始めた

私が「自由に生きたい」と思ったのは、生活や働き方に関する3つの不満からでした。

あれから3年、自分らしい働き方ってなんだろう?私らしい生き方ってなんだろう?と、不安や怖さもありながら日々を一生懸命過ごしてきました。

もちろん時には上手くいかないこともありました。

でも、等身大の自分を大切にしながらやりたいことをやってきた結果、前よりもずっと、私らしく生きれているなぁという実感があります。

自由に生きよう!私らしく生きるコツ

丸3年行動しまくってみつけた私らしく生きるコツ

そもそも私は何がしたいの?自分にとっての自由を考えよう

今の時代って、とにかく人の行動や生活が透けて見えてしまう時代ですよね。

SNSを開けば、色んな人の人生が目に入ることは、良いこともある反面、悪いこともあります。

他人の芝が青く見えて惨めになったり、自分が何を求めているかわからなくなるといった経験は、私だけではないはずです。

だからこそ、「自由に生きたい」と思ったあなたは、なぜそう思ったのか?という現状への不満や、じゃあ私は何がしたいのか?という未来への希望を、ぜひ書き出してみてほしいんです。

あなたが大切にしたいものが具体的になればなるほど、次の一歩を考えることはとても簡単になっていきます。

自分にとっての自由を考える時間を持つ、これは、実はとても大切な一歩なんですよね。

あず

そういえば私は、「私らしさってなんだっけ?」を考えるために寺で3日間断食をしたことがあります…(笑)

今の時代は選択肢だらけ!迷うことも多いけど、まずは一旦選択肢を知ろう

多くの選択肢があることは、時に迷いを生みます。

「あっちもいいな…こっちもいいな…」で結局どこにも動けないという経験は、きっと誰しもあるのではないでしょうか。

情報を取りすぎると、選択肢が多くて逆に迷うということがありますが、それでも私は自身の経験上、まずは一旦多くの選択肢を得ることをおすすめします。

理由は、人間は自分の知らないことをイメージできないから。

私自身、北海道の田舎で育ち、小さな頃から身の回りにある職業は、公務員か農家しかありませんでした。

今でこそ、IT業界の友人や会社を経営している友人も増え、パラレルワーカーと呼ばれるようなスキルを掛け合わせて生きている友人も増えましたが、幼い頃の私にそんな働き方は全くイメージができませんでした。

リアルにイメージができないと、「私もそうなりたい。私にもできそう。」とは思えませんよね。

だからこそ、「自由に生きたい!でもどうしたらいいかわからない!」という時ほど、まずたくさんの選択肢を知り、リアルにイメージする力を高めて欲しいんです。

求めれば自分の欲しい情報や人にアクセスできることは、今の時代を生きるとても素敵なメリットです。

ぜひ色々な情報を集め、その中から気になるものをピックアップしてみてくださいね。

勇気を出して会いに行こう!「私にもできる」を感じるために

情報をとるなかで気になる人を見つけたら、次はぜひ勇気をだしてその人に会いに行ってください。

直接会うことで得られるものは、本やSNSで得られるものとは全く違います。

できることなら、その人の日常にちょっとお邪魔させてもらうといいです。例えば、飲み会や昼ごはんなど、その人のなんとなく言う一言、なんとなく取る行動が見える場所に同席してほしいんです。

ふとした時にこそ、その人の根っこの部分や人間らしさが見えるものです。

「なんだ、みんな同じ人間じゃないか。だったら私にもできるよね。」という気づきは、あなたにとって大きな勇気になりますよ。

あず

ちなみに、憧れの人の日常にお邪魔する秘訣は、自然体の自分でいることかなと思います。好きな気持ちは伝わるし、下心も伝わります。
純粋にこの人と過ごしてみたいなぁと思っていたら、なぜか一緒にいれるようになることって多いと思いませんか?

小さな変化をちゃんと拾って、日々淡々と行動しよう!

「自分らしく自由に生きたい」と行動をするなかで、一番辛いのは、なかなか思ったような結果がでないと焦ってしまうことです。

自由に生きたいと行動する中でつまずくこと
・新しいスキルがやってもやっても身につかないと感じてしまう
・一度決めたことを全然継続できないと落ち込んでしまう
・当初考えていた結果がいつまでも手に入らないように思える

こういう焦りや不安は、私も何度も経験したのでわかります。

ただ、その上で思うのは、変化って本人が一番気づかないよねということです。

小さな変化を拾えずにいると、次第に「私はやっぱりだめかもしれない」と手が止まってしまいます。

でも、結果が出ない時って、単に行動が足りていないだけのことが多いです。

些細なことにくよくよするよりも、小さな変化をちゃんと拾って、日々淡々と行動すること。これが、求めているものを手にする、一番早くて確実な方法です。

あず

自分では変化に気づきずらいからこそ、時には誰かからフィードバックを受けることも効果的ですよ。

失敗も後から笑ってやろう!起こる全ては全部ネタ

私は、自由に生きたいと行動しまくった結果、失敗もたくさんしました。

私の失敗たち
・セミナーや講座に申し込みすぎて貯金残高が5万になった
・自分の商品を販売したら、誰もお客さんがこなかった
・すでに結果を出している人たちと自分を比べすぎて、精神的にダウンした

など、他にも公では書けないようなこともたくさんあります。

ただ、悔しい気持ちは確実に次への原動力になったし、失敗があるからこそ、誰かと打ち解けたり、同じ道を進む人の相談にも乗れるようになりました。

失敗は、渦中にいるときは辛いですよね。

でも、時間と共に失敗は、私らしい人生に深みを持たせてくれる“いい味”になりますよ。

あず

ダイヤモンドもガッシガシ削るから輝きます。たくさん行動して、たくさん失敗して、ピッカピカに輝きましょう♩

まとめ

やってみたいをやってみよう

今回の記事では、私が「自由に生きたい」と行動しまくって見つけた私らしく生きるコツをお伝えしてきました。

もしこの記事を読んでくれたあなたが、今の生活に違和感や不満を感じているのなら、それは何かが変わるビックチャンスかもしれません。

正直、踏み出した先には、苦しいこともしんどいこともあります。

でも、不満ばかりを叫ぶ人生よりも、「じゃあどうしようか?」を考えて行動できる人生のほうがよっぽど楽しいです。

誰だって、いつからだって、やりたいことをやっていい。

自由であなたらしい人生へ、その一歩を応援しています!

人生100年時代を生き抜く人生デザイン講座

コメント

明日からの人生にワクワクが増える七色未来の構築術  好きなことを仕事にしたい人が行動する前に知ってほしい大切なこと
タイトルとURLをコピーしました