【失敗は成功のもと】うまくいかない原因を知り成功へと導く秘訣とは
人生にワクワクを

【失敗は成功のもと】うまくいかない原因を知り成功へと導く秘訣とは

オーサー

「失敗したらどうしよう」という怖さへの対処法

恐る女性

ここまで、「失敗は成功のもと」を日常に落とし込むコツについてお話ししてきましたが、そうはいっても「失敗したらどうしよう」と思ってしまう…という人もいるかもしれません。

最後に、「失敗」という怖さへの対処法についてお話ししてこの記事を終えたいと思います。

「失敗への怖さ」は大事なことに気がつけるチャンス

Ayana
Ayana

怖さと共に進めと言われても、それができないんだよ!

そんな人にお伝えしたいのは、怖さがでてくるというのは、それはあなたにとって大事なことなのです。

なぜなら、もし本当にどうでもいいことであれば、失敗しても怖くないからです。

たとえば私は、「絵を描いて!」と頼まれたとしたら、「失敗したらどうしよう」とは思いません。

Ayana
Ayana

もちろん、「下手だね」と言われてもなんとも思いません。笑 

ところが、「記事を書いて!」と頼まれると、「どうすれば相手が満足するだろうか」「希望に沿っているものができるだろうか」「求めている結果につながるだろうか」と心配になります。

同じ作品だったとしても、絵は大事ではないけど、文字表現は自分にとって大事だということがわかるんですね。

このように、怖さや心配がでてくるということは、あなたにとって大事なことなのです。恐れが出てくる時こそ、「やってみる」というマインドを持っておきましょう。

「失敗への怖さ」は大きな変化のチャンス

また、怖さがでてくるということは、自分が大きく変化できるチャンスでもあります。

というのも、人間には生命維持のための機能として、本能的に変化を避けるという性質があるので、基本的には変化しないように身体が働くのです。

Ayana
Ayana

つまり、恐れの感情は変化をしないようにするためとも言えますね。

ところが、実際にやってみると、恐れの9割は実際には起きないんです。

おそらく多くの人が抱える怖さとしては、失敗することで「恥をかきたくない」「人から嫌われたくない」というような、周りの評価が大きく影響しているのではないでしょうか。

「失敗は成功のもと」なのです。

たとえうまくいかなかったとしても、周りの評価を気にするのではなく、自分でその結果を評価し、改善していくことが最も重要です。

なぜなら、これまでお話ししてきた通り、それこそが成功へと導く道を開くキーポイントだからです。

失敗への怖さを超えていくことで、大きな変化やチャンスが待っているというのは間違いありません。

Ayana
Ayana

挑戦して失敗することがあっても、それは成功へと導く鍵になる!

失敗は成功のもと!うまくいかないの原因を知って成功へと導こう

HAPPY

「失敗は成功のもと」

誰しもが聞いたことのある言葉の意味を改めて調べてみると、意外に深い意味があることが分かりましたね。

これまで、「失敗もそれはそれ」なんて捉えていた私でしたが、「失敗」にしっかり向き合い、そこから学びを得ることで、うまくいく方法を導き出すことが大切だと学びました。

また、「失敗は成功のもと」を日常に落とし込むためには、自分にとって少し高い目標を掲げ、諦めずに挑戦し続けていきたいものです。

「失敗への怖さ」を原動力に、それぞれの叶えていきたいことに向かって、まずは1歩でも踏み出してみましょう。

この記事を読んでくださったあなたが、失敗という現実に負けずに、あなたなりの成功へと導けるように願っています!

モロッコを愛する人

Ayana

Ayana

「人の人生の役に立ちたい!」と探究し続けるも、何ができるのか分からず人生迷子に。30歳の時に行ったモロッコがきっかけで、アラビア語とイスラームを学び始めると、人生が思わぬ方向へ。 現在は会社員を退職し、多拠点生活をしながらコーチング・対話・ライティングを通して"自分色の人生を生きる人"を応援&サポートしています。持ち前のポジティブマインドで軽やかに生きるを実践中。 夢はモロッコのリトリートツアーを提供すること。

この人が書いた記事をもっと読む
ALIVE! 人生を楽しむためのポータルメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました