空想を現実に
コラム

空想が現実になる世界へようこそ

オーサー

夏目漱石の作品「三四郎」の中に、次のような一節があります。

「熊本より東京は広い。東京より日本は広い。日本より・・・・・・」

こいけん
こいけん

こんにちは、こいけんです

さて、今日はちょっと趣向を変えて、

「情報空間を物理に落とす」

という、お話をします。

※一見スピリチュアルかな?と思いきや、そうでもありません。

冒頭の三四郎の言葉の続きですが、日本よりも広いのは、なんでしょうか??

世界?

宇宙??

もちろんそれも正解です。

でも、それよりももっともっと広い、すごいものがあるんです。

夏目漱石は三四郎が熊本から東京に向かう汽車の中で、一緒になった男にこう言わせています。

日本より頭の中の方が広いでしょう

と。

これ、本当にそうだと思いませんか?

うちは、常々思っていることがあります。

「自分の中にあるものを、現実世界で形にすること」ってめちゃくちゃ楽しいってことで、クリエイティブですごいことだなーと。

頭の中だけで終わらせる=ただの妄想 でしかありません。

でも、そもそもですよ?

この世界にある、作られた存在物(物もサービスも)って、そもそも全て、
まず誰かの頭の中で想像されて、それが実際に物理空間に創り出されているわけです。

うちは、起業をして17年経ちましたが、妄想、想像、想いを具現化させてきたので、その具現化能力がどんどん上がっていき、今では「思ったら叶う」までのスピードが、早い時で1日です。

で、今日はなんの話か?というと、ちょっとマニアックなんですが、すごい話。

「情報空間の書き換え」をすることで「物理空間を創造できる」

ということをお伝えしたいと思います。

ぼちぼち抽象度が高いことお伝えします。たまにちょっと難しいです。

でもね、これが理解できると、この現実世界を好きなだけクリエイトできるようになるので、ぜひマスターしていきましょう。

こいけん
こいけん

情報を物理に落とせるということは、好きなだけお金も創造できるってことだよ

※繰り返しますが、スピリチュアルではありません。

量子力学の世界

量子力学

世界では量子力学のおかげで、よりミクロな世界と原理がわかってきました。

原子は原子核と電子で構成され、原子核は陽子と中性子でできてる。

それらはさらに分解すると素粒子でできていて。

素粒子の「標準模型」は、17種の素粒子の存在でほとんど、すべての物質を説明できると考えられています。

すごくないですか?

こいけん
こいけん

世界の全ての元は、たった17種類のなんかだけってw

しかも最近では、その17種類の形って、ひも形状なんじゃね?という研究が進んでます。

以下、ひも理論の説明です。

この世のすべての物質は、それらを構成する「分子」または「原子」の組み合わせや配列の仕方によってできあがっています。

原子は「水素」「炭素」「窒素」「酸素」「鉄」「アルミニウム」「金」「ウラン」とか、こういうものですね。

そして、その原子の構造は、中心に複数の「陽子」と「中性子」が存在し、その外側を「電子」がまわっているという構造をしています。

この構造が、最近では「ひものような形をしている」という研究が進んでいて

この「ひもの振動の仕方」こそが、物質を構成する最小単位であり、素粒子や原子や物質の性質を決めているというんですね。

ひもの振動の仕方って、いわゆる「情報状態の違い」のことなので

言い方を変えると、

「この世のすべての物質は 情報でできている」

ですから、仮定として

「この世界は、情報そのもの」と言えるわけです。

三段論法、ですね。

ちょっと難しく聞こえるかもしれませんが、そういうこと。

物理空間と情報空間

情報空間と物理

人間はどうしても「触れられるもの」「見えるもの」「指させるもの」に対しての方が、リアルを感じやすいので、物理に臨場感を感じてしまいます。

でもね、ちょっと意識して世の中を見てみると、いつの間にか情報空間の方が広い世界になっていませんか?

原始時代の頃なんかは、きっと物理の方が多かったんです。

でも、今って、インターネットがあって、スマホがあって、仮想空間なんてものが増えて、VRがあり、なんならこの世って本当にバーチャルリアリティなんじゃね?と思えるような状況がどんどん、増えていますよね。

ちょっと整理します。

五感で触れることが可能な世界を『物理空間』

イメージや言語でしかさわれない世界を『情報空間』と言います。

ルール

思考(マインド)

常識

感情

関係性

名前

誕生日

筋肉の動き

思い込み

これらは、見ることができない、触れない、ということは情報です。

でね、よーく考えてみると、私たちが生きる世界って、全てが情報で作られていませんか?

温度、感触、匂い、味‥等々、全て言語で表されていませんか?
そもそも、見えるもの全てには名前がついていませんか?
ということは、つまり、、やっぱり世界は情報で、できているんです。
こいけん
こいけん

そう、この世界は情報空間なんです!

ビールを飲む人

こいけん

こいけん

大手住宅メーカーの営業マンから、まったく関係のない「サプライズ」で起業。その後、数々の会社を立ち上げる中で、どうしたら「時間的自由」と「経済的自由」そして「好きなことをする」ことを一緒に実現できるのかを試行錯誤してきました。 現在は大好きなことを仕事にできる人を増やすべく、コンサルティングや起業塾を運営。 ビールとおっぱいをこよなく愛する、自由人です。稼げるビジネスモデルをつくるのが趣味です。オーナー会社含め9社の創業者。

この人が書いた記事をもっと読む
ALIVE! 人生を楽しむためのポータルメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました